日々想うこと

日々想ったことを綴っています

1月20日 オバマ頼み

最近、非常に変なといいますか、なんとも言えない光景に出くわします。
それはセルフのガソリンスタンドがやたらに増えた事です。
昨年までの原油高でガソリン価格が高騰しアルバイトすら雇えなくなったガソリンスタンドのオーナーが経費節減のためにセルフ式に切り替えた、かどうかは聞いてみないとわかりませんが、ふたたびガソリン価格が戻ったにもかかわらず、ガソリンスタンドのそばを通ってもアルバイトの若いお姉ちゃんやお兄ちゃんの「あーりがとうございましたあああ」という声が聞こえない。
世界のごくごく一部の大金持ちの人達や機関投資家の人達が、投機のためにアメリカのWTIとかの原油相場をやたらに引き上げたために日本の大勢のアルバイトの首まで切られた!かどうかも実は定かではありませんが、それも原因の一つに挙げられるとは思います。
こうやって書き出すと、すわ!赤い思想の話かと、あまりわかっていない人は思うかもしれませんが、そうではありません。私は左翼思想はあまり好きではありません。なぜなら左の国は右寄りよりも貧富の差が激しいから。そして、そういった格差の実際をある団体でさんざん見たから。
けれども、そういったお金持ち達が束になってもかなわないほど今、世界中から注目を浴びているのが、もうすぐinaugurationつまり就任式を迎えるアメリカのオバマ大統領。
私個人的には、たまたま三年前位に英語の勉強のために海外のニュースや雑誌をやたらと見ていて、かなり露出度が高く、いわゆるアメリカのエリートコースの学歴も持っていたので、ヒラリー氏を抑えて民主党の候補にはなるだろうと思っていましたが、大統領にまでなって、いま世界を変えようとしています。
もちろん、今のところ一時的なeuphoriaつまり有頂天、幸福感ではあると思いますが、悪化した実体経済にmomentum つまり勢いをつけてくれればいいですよね。
なんかルー大柴さんみたいになってきたのでこの辺で。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する