日々想うこと

日々想ったことを綴っています

12月27日 白い巨塔

今年の初めでしたか、「白い巨塔」という本を読みました。
白い巨塔、から学んだ事は、
1.医療ミス等病院で不審な事があったと思ったら、解剖してもらえ!
2.病院という所は基本的に組織的な隠蔽体質があり、医師の世界といえども会社組織のように厳しい上下関係で成り立っており、医師はじめ職員は下手なことをしたら自分が干される可能性があるから病院側に不利益になるようなことは言い難い。だから、医療裁判は勝つのが、難しい。
3.たとえ有名な大病院でも、入院などの場合は、特に眼を光らせておけ!
でしたが、結論から言うとこれらの教訓を実際に役立てることは出来ませんでした。
物語には、対照的な二人の登場人物が描かれています。
腕はたつが立身出世の欲に取り付かれ、良心を持たない財前医師が出世し、善意にあふれ医師としての倫理感にもとづいて行動する里見医師が貧乏暮らしに甘んじている。こんな背景です。
印象的な場面は、医療ミスを犯した財前医師が、自分のミスをもみ消すために権力を背景に、裁判で証人として出た部下である金井や柳原医師の良心をも押しつぶし、ついには倫理観もねじ曲げてしまう、というところです。
父親を見てくれた二つの病院の特に二人の男性の内科の先生達には、私は里見先生のような方であってくれ!と心の中で何度も祈りました。しかし、私の眼から見ると里見でも財前でもなく、何かの権力に操られた金井や柳原医師だったようにも見えました。
本を読んだ当時、父はそれなりに元気でしたので、父のためというより将来なにかの時のため、と思い、二度ほどこの本を読み返しました。しかし現実には、この「白い巨塔」とでも言うような病院の前には、本で読んだことをまったく役に立てることに出来ず、自分の無力さを痛感しただけでした。
医師としての職業倫理に徹した里見医師が職場を追われ地方の小さな病院に転勤させられる、最後の方にこんな場面があったように記憶しています。
「白い巨塔」は昭和の名作だがその中に書いてあることは今の医療現場にも充分に通用する、とたしか神の手と称されている方の本に書いてありました。
最初の国立病院にも別の方ですが、神の手といわれる先生がいたようですが・・・。
私は、声を大にして言いたい。
父の病院での療養生活には不審な点がたくさんあった!
どうせ裁判になっても勝てないだろうから、その前になんとかしよう。
そう思っていましたが、結局何も出来なかった!
この心の葛藤を紛らすために、毎日色々なところを飛び回っているのかもしれません。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する