日々想うこと

日々想ったことを綴っています

12月8、9日 国道1号のストーカー

12月9日
午前中、宅配便が来た。配達の顔見知りの男が何かブツブツ言う。いつものように適当に受け流すと家の外で「言われてるのに気がつかなにのよ…」などと女の笑う声がした。
相変わらずしつこいなあ!ひまで仕方がないという感じだが、こちらは、そんなに暇じゃあないんだけど。
一日中、それも20年位前からだろ?この手の女はソウカ系だって云うが、近所だとキタガワとかアライとかがよくこの手のことをやっていて公安が操作しているらしい。最近、ミノルン?からヤマダの名を聞く。自転車に乗ったヤマダ夫人をよく見かける。2004年頃からヤマダ本人も何度か見たが、なぜ?
夕方、運動の帰りに相鉄ローゼンの南万騎が原店へ行き、レジに向かうと研修中の名札をつけた若い男がまた早口で「変態の公安をバカにしてる…」(正確では無いけど何か毒づいていた)。
どうせ生活課とかの成りすましでレシートの名前もあてにはならないから書かないが、時間は17時37分。外に出ると女が待っていて「・・・を買ってくれるから」とか言っていた。
次に最近できたファミマへ行くと、外でこの手の女が二人でいて買い物を終えると大笑いしていた。

12月8日
自宅から東戸塚駅まで歩き、駅の近くのガストで昼食をとる。
ウエイトレスは愛想が良い。普通のことなのだがいつもこの手の付き纏いで不愉快な思いばかりしていると、妙な気がした。
しかし席に案内された時に「窓際で良いですか?」と聞かれ、会計時には「ポイントは、このままで良いですか?」と云われた。
まあ、聞きようによっては・・・
食事を終え、席を立つ際に仕切りを隔て横にいたおばさん(と言っても私よりもだいぶ年下)連中の一人が「英語で話すのよ、ホテルとか…」と言い、私がそちらを見ると固まっていた。メガネをかけて変装していた?アオノの娘?違うよな。
その後、国道1号へ出て川崎駅まで歩く。保土ヶ谷駅付近ではSUZUKIのブレーカーを着た男が抜いてきた。少し速度をあげて抜き返したらその男はゼイゼイ云っていた。私はそのスピードで川崎まで歩いた。横浜駅に近づくと○部警察署の前でパトカーが止まり、中からいかついおっさん達が出てきて道を塞いだ。マスクをしていたので聞こえなかったと思うが「邪魔!」と言ってやった。通り過ぎてから背後で笑い声がした。
横浜駅の東口を過ぎる。青木橋付近にいた若いスーツ姿の男達がしきりに舌打ちしていた。
交通手段は知らないが女が要所要所で「ゴメンネ」とか言いながら途中まで笑いながら着いてきた。
しかし、この手の付き纏いの女達も尻手辺りでは泣きそうになって「私たち、どうやって帰ったらいいの?」とか叫んでいた。
その声の主は自転車に乗った高校風だったので、自転車で着いてきたのかもしれない。
川崎駅に着き、ラゾーナの中で一服した。「もうカモ(婦警?)だってうすうす気づいているの…」「答えは女王」とか言う男がいた。
ソウカの女王?カスノ?井ノ口?整形のおばさん?


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する