日々想うこと

日々想ったことを綴っています

10月18日 無視されてるの!

前回も書いたが、人間はどんな極悪人でも自己のしていることを正当化する。
そういう生き物らしい。
そうでなくては、何十年も我が家の様子を盗聴しているというカスノさんやアドケンさんなんか生きていけないよね。
このストーカー連中も、言い訳の為にストーカーをしているのか?なんだか解らなくなってきたのではないか?
先週の木曜日に海老名へ行ったが、その際も
「無視されてるの!」
「写真を撮られているの!」
などと人ごみに紛れて五月蝿く言い訳してくる。
「無視されてるの」???
お向かいの整形美人のこと?
しかし、私はなんの根拠もなしに無視するようなことはしない。
よほどひどいことをされない限り。そのようにしつけられている。
それに最初に無視したのは、整形美人のご両親の長下部パパとママだ!
整形美人ご一家が引っ越して来た頃に、庭にいてご両親と眼があったので頭を下げると露骨に無視し、ママの方が
「ガス君がいるから…」などと言っていたではないか?
また数年前には元警部だとかいうパパがシルバーマークをつけたセダンでやってきてアドケンに
「あいつ、もう終わってるぞ!」と言っているのを偶然見たが、ストーカー連中が鸚鵡返しに言うところをみるとこれは私のこと?

コメントに書いたが、海老名へ行った日に市役所のロビーで休憩していると、前に会社員風の男が来て例のごとく携帯を耳にあて「次は玄関を…」と言ったが、その後で中年の女がもう一人会社員風の男を連れて、いかにも待ち合わせてました…風の演技をしたあとで「オリンピックのことも売るのよ!」としきりに言っていた。その後、私が立ち去ろうとすると妙に驚いていた。
このオリンピックとは、以前希望が丘にあった店で、いま同じ分野の商品を扱っている“陣”という店がある。その陣が追い出し屋の一味であることを書けとおっしゃっているようだ。しかし、それはすでに書いたが、以前私に絡んできた男が陣の前にいて、その人がアドケンさんそっくりだったのは多少興味深い。
市役所の前には警察もあるが、そういうことを細かく言ってくるところをみると…この女も二俣川の?

昨日は、夕方横浜へ行ったがやはり行きの相鉄線から妙な連中がいて、気にせずその連中のいるドアから乗り、その連中がいるところに座ったが、なぜか連中が怯んでいた。
そして、いつものように人ゴミに紛れて色々言ってきた。
その中で印象に残っているのは
「黒幕は2号よ!」だ。
2号?何号?じゃあなくて、近所の井の○さん?○の口さんも不思議な人で、90年代終わりに「こんど家を建てます、ご迷惑をおかけします…」と挨拶に来てくれた男女と、その後住んでいる人はまったくの別人だ。整形美人のときもそうだったが…
ご主人はほとんど見かけたことが無く、たまにいるといつも人が違う。しかも、中泉の契約妻のように子供がなついている。
この井の口さんは、いつも温厚だった私の父が私の前で露骨に嫌な顔をしたほぼ唯一の人間で、以前はなにか勝ち誇ったように挨拶してきた。またそれとは別に「兵隊を入れるな!」と叫んでいたことがあった。だからなんかの元締めなのだろう。私が90年代に間違って入ってしまった空手版の北朝鮮のような団体の関係者も匂わせていた。

他に先週聞いた言い訳は「カネコに言われたんだよ」というやつで、これは以前にも聞いた。声の主は河原実?
これも覚えがある。
1984年に当時学生だった私が昼間に家の周りを走っていたことがあったが、カネコさんの家からガタガタ音が聞こえた覚えがある。それに2000年ごろからカネコの娘だというキタガワや息子が何か言いたげに現れることや、朝、家の前で女が叫んでいると思いたまたま覗くとそのキタガワだったり、もしかするとその婿も90年代から私に付き纏って来ている男ではないか?
さらに1985年から私に付き纏ってきたのはシロコさんのおじの二俣川のトカゲだが。
近所に敵が多いな!



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

記憶の混同、被害感情の強さ
セロトニンの異常代謝

旭区 | URL | 2016年10月21日(Fri)16:24 [EDIT]