日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

5月8日 ロマンスカーのストーカー

DSC_0167_201605101045547a8.jpg
これは私が言ったことでは無い。
夕食時にある商業施設内の食堂で、たぶん私よりも年下のオッサン(県警?)が言った言葉だ。
今日なんの日か知ってる?
警察を仄めかすストーカーは、母の日は関係無い。
むしろ、高齢者がいると攻撃しやすいらしく、喜び勇んで何処へでもわかるように着いて来る。
その点で、オレオレ詐欺や高齢者を狙うひったくりと本性はなんら変わらない。ウソもお得意。
箱根関所跡へ小田原方面からバスで往復。
小田原駅から少し離れたバス停から乗ったが、往路ではすでに乗っており「お前ゲロ吐くの…」などと言う。
写真は、復路で元箱根か、少し先からの乗ってきて私の後ろに座り「処女だから…お前は体は大人だけど頭は高校生なんだよ…」とか言ってきた若い男の集団の一人。言って来たのは、長年付き纏って来る男のような気もする。十年以上前に相鉄線内で車掌の服着て現れた「本間(どうせ偽名)」という男か?
その連中は小涌谷辺りで降りた。
帰りは箱根湯本駅からロマンスカーで。
17時23分発6号車で我々が座ったのは9番。たぶん前の男二人、後は通路を隔て左右に座った男女、そして通路を隔てた二列後ろの男二人がその一味だろう。
つまり五十代半ばの私と、八十代半ばの母親の二人に嫌がらせをする為にそれだけの人数、つまり税金を使っている。
座っていると後ろに並んだ男女が会話しながら、問題は何処で夕食を摂るかだ…と男。作れば…と女。私の耳元でゴチャゴチャ。
そういえば昼食を採った小田原駅そばの寿庵という蕎麦屋でも。注文した蕎麦を持って来た男が心なしに震えていた。変だなと思ったが、我々の横に後から来た小さな女の子連れの若い男が、我々が席を立つ際に「遠慮!」とか意味不明のことを言っていた。
話はロマンスカーに戻る。相模大野駅が近づくまで、後ろの男女だけがストーカーだと思っていた。
しかし、席を立ってドアの近くからその男女を見ていると、男女は目を伏せ、男の後ろにいた男二人が睨んでいた。すると、私の前の席辺りから「コウチョウだよ!」だか「トウチョウだよ!」だかという声がした。
コウチョウ?公安調査庁???先日は検察だったけど。
まあ、いずれにしても三十年一日の如く税金の無駄使い。
一日1万として…1億円以上…私も三十年以上前の新入社員の通勤初日から金太郎?に嫌がらせされてるわけだから、その位損はさせられているわけだ。
しかし、今日のようにたった一時間足らずでも6人も使うと…
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。