日々想うこと

日々想ったことを綴っています

12月22日 お大事に!

朝、運動からの帰りに井の口さんの前を通ると、その家のおばさんが出てきて私の目の前で車のエンジンをかけた。そのおばさんが運転するのを見たことがないので、変だなあ、と思ったがまさか嫌がらせとは思わなかった。しかし、20分位して外に出ると、やはり車はある。
本人は娘の見送りで出ようとしていたが、私の顔を見るとなぜか家に入ってしまった。
娘が草!と叫んでいた。
夕方五時半頃、横浜駅のみどりの窓口へ。
列に並んでいると、すぐ後に並んでいるレイバンの黒縁メガネをかけた男がスマホで話し出した。また、いつもの公安の嫌がらせか?
メンテナンスとか、小林とか言っていた。
その後ろに二人スーツ姿の男がいて、何か悪い物でも食べたのか、陰湿な笑いを浮かべている。
若いな…などと言っていた。おっさん面していたが、私よりも年下だろう。
私の順番が来て、切符を頼むと、係の男性が何かを思い出したように
「ハラから(原から?)」
などと言う。
公安が先回りしていたのだろうが、係員は何人もいるのだからいつもながら不思議だ。
しかし、私の前に並んでいた男は不自然に用事を済ませるのが早かったが…
ともかく用を済ませると、私の少し後に並んでいた、ドラマに出てくるチンピラのような男が
「お大事に!」
などと言うので「イヌ!」と返してやったが、何も言い返して来なかった。
外に出ると、別の男が寄ってきて、「喰うから嫌なんだよ!」とか言ってきた。
ということは、やはり先ほどのは県警かなんかの嫌がらせということになる。
しかし、尾行して、嫌がらせをして、絡んで、言い返されから指定?
そんなアホなことあるか。いつもながら県警の理屈はわからない。帰りの相鉄線では、前に座った男がしきりにスマホのカメラをこちらに向けていたが、これも鉄道警察の嫌がらせか?
私が15年位前にいた玄和会という空手団体のN大先生は
「私は不世出の空手名人だ」「お前は茶帯やっとこさだ」
とか言っていた。
時折、我が家の家の中の会話や電話の会話を、さも盗聴しているかのように言うので、私が人づてに稽古をお願いすると、
「見せると負ける!」
とか言い、しまいには道場にすらほとんど来なくなった。
しかし、私に薬を飲ませたり、吊し上げたりして、やめた後も17年間も嫌がらせを続けていて、時折幹部達も出てくる。
似てるね!

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する