日々想うこと

日々想ったことを綴っています

11月15日 田園都市線のそうか!

午前11時過ぎ、散歩。小林の家の前に行くと、中から女が出てきた。歩いて行く方向は駅とは反対方向で買い物をするにも南万騎が原まで行かないと出来ない。囮だな。家の中でも声もした。
気持ちが悪いので私は途中で道を曲がり、公園へ行き運動をした。帰りにTという家の前あたりで女のヒステリーの声がした。小林の前へ戻るとロピアのおっさんが犬連れで現れたので、ガッシャーン!と言ってみたが反応はなかった。
交通事故を予告したのは、この男に間違いはないと思うけど…
午後1時半過ぎに家から出ると、例によって半魚人みたいな人が嫌がらせに出てきた。挨拶!と言うと、ウルサイわねーと逆ギレしていた。先日は自分が言ってたのに。普通は自分よりはるかに年上の人間に、挨拶しろ…などとは言わないが、特高警察で洗脳されて気が大きくなっているのか、この半魚人さんは、時々妙に態度がでかくなる。
横浜駅で東急線のきっぷを買うと、横で男が最悪…などと言う。
東急東横に乗ると、横にメガネの中年のおばさんが座り「お持ち帰りしてもらおうじゃな
い…」等と言つて来た???
どこからか忘れたが、前に顔立ちは悪くないけど、四角い顔の若めの女性が目の前に立った。仮に岩石さんと名付ける。
世田谷のある公園に紅葉を見に行ってみたが、環八に面しているせいで、空気の悪いのが気になった。希望ヶ丘の住環境がいかに良いか!
わざわざ不要なアイドリングで空気を汚すゴロツキもいるが。
桜新町の駅のそばで、自転車に乗っている女に道を聞いたら、小林系の公安かソウカだったらしく、後から来た仲間らしき女と大笑いして、私を追い抜く際に「気配!」とか言っていた。意味はわからない。東横線の中の岩石さんのような気もする。
帰りの田園都市線内では、最初は帽子を被った三十代位の男ともっと若い二人の女がいた。
男が女達との会話の合間に「地元で」「ゆうすけは…」などと言う。この連中も半魚人の仲間?
高津でその連中が降り、車内を見ると、酔って潰れて床に座っている男がいた。結論から言うと、鉄道警察のようだ。「席が空いたので座ったらどうだ?」と言うと「そう(躁)か!」などと言う。
結局その男は鷺沼で降りた。会釈して行ったからいいけど。
いつも公安の偽装には驚かされる。
周りにもミノルンを若くしたような男もいた。
この連中は一人で行動することはなく、2重3重に仲間がいる。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する