日々想うこと

日々想ったことを綴っています

7月15日 三ツ境の盗聴

今週の日曜日に、学生時代にやっていたスポーツの大会の帰りに、横浜駅から自宅にスマホで電話をすると、電話が混線して「誰よ!」などという男の声がした。
特高警察お得意の盗聴だな。
1999年12月、三ツ境の焼き鳥屋で高校の同級生と忘年会。生まれて初めて買った携帯から別の同級生へ電話。最初に、パーカ!という電話の相手と関係のない男女の声がした。
爾来何百回と盗聴をされたことか…
割り込みの例で覚えているのは、2011年頃、友人との携帯での会話の最後にアドケンの奥方の声が入って来たことだ。
通信の秘密は、日本国憲法で守られているはずだが、あの連中には関係ないらしい。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する