日々想うこと

日々想ったことを綴っています

7月6日 自宅内の拍手VSバイク、車

朝はワールドカップ女子決勝。
残念ながら立ち上がりに4点を取られてそのまま試合が決まってしまう。
しかし、2点を返した時は思わず拍手が出た。
自宅の中で拍手をするとケチをつける連中がいる…
さかのぼって、男子の南アフリカでのワールドカップの決勝トーナメントで、本田選手がペナルティゴールを決めたシーンがあった(気がする)。その際に思わず拍手が出た。拍手といってもせいぜい3,4回手を叩くだけだ。
その日、外出しようとするとアドケンさんが車の中にいて、これ見よがしの大きな音を立てたので見ると睨んでいるので、思わず会釈をした記憶がある。拍手が気に入らなかったのだろうか?しかし、自分は時々長々とアイドリングをして楽しんだり、露骨に小ばかにしたりしているし、息子のサトシ君も相鉄や営団地下鉄にまで尾行して来たが…
今年の世界卓球でも似たようなことがあった。ミウかミマか忘れたが、中国の選手からワンセット奪った際にも拍手が出たが、別の場所でその仕返しみたいなことをされた記憶がある。
拍手といっても2,3秒で、そんなに大きな音を立てるわけではないし、パソコンを遠隔操作したり、風呂に入るたびにアイドリングしたりするわけでもない。以前1年位続いた〇泉ケンのバイクの轟音に比べれば、屁のようなものだ。
あまりスポーツに興味がない様子だが、日本のスポーツ選手が嫌いなのか?

雨のため大引け後外出。
海老名へ。
駅で隼人の高校生がおり手に私のよりはるかに良いスマホを持っている。親は大変だなあ!
ヤマダへ行きプリンターのインクを買う。家電量販店はたいていどこでも公安が店員に紛れているが、ヤマダも例外ではない。物を買っても横でニヤついていた店員は、ありがとうございました、も言えない。ヤマダの店舗に閑古鳥が鳴いているのは偽装のせいか?もっともそんなものか?
17時ごろダイエーへ、パンと飲み物を買いフードコートへ。フードコートで駅にあったフリーの求人誌をながめていると「使えないからまたやるって…」と若い男がそばで言う。
すると、高校生に扮した(警察の偽装か手下なので扮したで良いと思う)数人がそばの子供用の椅子に座り話し始めた。
時々、口の中のガムをはじく甲高い音を立て始めた。反射的に「五月蠅いぞ!」と言ったが、「また行ってるって」とか言って馬耳東風。それ以外、なにをするわけではないので抛っておいた。「やめて下さい」などというおばさんの声がしたが意味は不明。そのうちに小さい子供を連れたメガネの中年男が「音を立ててるということでは同じじゃあないですか」などと言う。今朝の拍手の仕返しか?自宅内で拍手をするのと、人がそれなりにいるスーパーのフードコートでガムをカンカン鳴らすのは同じか?公安の屁理屈は、いつもながらわけがわからない。
求人誌を見るのに疲れたので上の階へ行こうと立ち去ると後ろから「逃げました」という声がした。先ほどのメガネ君だ。
ミノルンの弟のような気もしたが、これもアドケンの関係か?

1996年8月から1998年の1月まで約1年半、御茶ノ水の順天堂医院で掃除のアルバイトをしたが、その際にこの手の嫌がらせを散々され、アルバイトが終わっても付き纏われた。具体的にはまた別の機会に書くが、どうやらこの辺りから…

靴屋と100円ショップへ行った後、また少し求人誌をながめたが、しばらくすると先ほどの連中も離れた場所だが出てきた。帰り際に「犬!」と言ってやったら喜んでいた。困ったものだが、まともに相手にする連中ではない。だって人ごみの中で、しかも集団でしか威張れないから。私の中では、すでに勝負あった!

追記:これを書いているのは朝4時ごろだが、家の外で「鬼!」だか「檻!」という声がした。
一晩中監視?


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する