日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

7月2日 ジュンテンドーの公安

女子サッカーワールドカップ日本対イングランドを後半45分まで観て外出。
駅まで行く途中で、どうやら勝った???と知った。
川崎へ行き、気になっていた本を見る。
その前に2015年版の手帳が安くなっているので見ていると「お店でやったんだよ」などというおっさんの声がした。
店員に化けてはいるが、どうやら公安の類。まあ、後にしようと思って目的の本へ。
目的の本を読んでいると、また横におっさんが来て整理棚の下の引き出しを開けたり、横に来たりする。
「犬!」と小声で言ってやったらいなくなった。その後、手帳を買いフードコートへ移動。
6月19日に某社株主総会へ出た後で、八重洲の本屋へ行き本を読んでいると二人の若い男が大声でしゃべりながら来た。うっとおしいので横へずれると「怖がってる」などというので「犬がしゃべってる」と言ってやったらうれしそうにいなくなった。その後、ある本を買い八重洲地下街のイタリアントマトへ行き休んでいると、なんとも風采の上がらない定年まじかだが万年係長みたいなおっさんが「スイマセン」などと言いながら横の席に来た。気にせずに勝海舟先生の本を読んでいるともう一人来て時折「お客さん」などと言ってきた。まったく気にしなかったが、帰り際にカバンを忘れた際に一人が「お客さん!」などと私を呼び止めてカバンを忘れたのを教えてくれた。後から考えると「お客さん」は公安用語で、仕事をしているふりをするために意味無く尾行する対象のことか?本屋で二人の手下が犬呼ばわりされた復讐か?などとも考えた。
話を本日に戻す。
フードコートのはなまるうどんへ行き、会計を済ませて立ち去ろうとすると、やはり横にいて待ちかまえていたおっさんが「定価で!」などと叫んだ。たぶんセールになった手帳を買ったことを言っているのだろうが、買い物の一つひとつまでチェックしケチをつける。よほど暇なんだろう。
この手の連中が過去に近所で犯行声明を発した際には「ジュンテンドーの公安」を名乗っていた。
私が掃除のアルバイトをしたことのある順天堂だろうか?
空手カルト玄和の幹部の近藤成美がいる順天堂医院だろうか?
それとも神奈川県警の騙りだろうか?

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。