日々想うこと

日々想ったことを綴っています

5月29日 不気味な瞳

昨日は久しぶりに同級生と居酒屋へ飲みに行く。店に入る前にもらった割引券で千円引きになってずいぶん安上がりで済みました。隣にいた帽子をかぶったおっさんが、読唇術でも心得ているかのように時折こちらの顔をジッと見ていたけれども、店内は人が多くて騒がしかったのであまり気になりませんでした。
最近の毎朝の楽しみは「瞳」です。朝の連続テレビ小説見るのは何年ぶりだろうか?10年位前に松島菜々子さんが弁護士か何かの役で出ていたのを見た記憶がありますがそれ以来か?月島が舞台で下町とヒップポップダンスのコラボレーションが面白い。ただ下町が良いとか、長屋の人情が厚いとかいいましてもいい面ばかりじゃあないでしょう。家の中の出来事が、下手をすると向こう三軒両隣に筒抜けになるわけですから、おちおち一人エッチも出来ないわけでしょ?
そういえば、数年前に気持ちの悪いことが続きましたよ。古本屋でエッチなDVDを買ってきて、自室で見ていると、必ずのように家の外で女性の声が聞こえたことがありました。それも一度や二度じゃあなくて。そりゃあ夜の10時位なら人が通ってもおかしくないんですが、一度朝の4時半ごろに目が覚めて、眠れないから暇つぶしに見ていたらやはり外で数人のおばさんの声が聞こえたこともあったし、これは夜でしたが見始めると、若い女が何か叫んだこともありました。何度か続くと気味が悪いですよ。これも数年前ですが携帯で友人に電話をしたらその後、数件先の若い夫婦が物干しからこちらを覗いていたこともありました。偶然を願いたいですけどね。
以前「お前のことは全部調べた、親友と同じなの!」なんておかしなことをいう男がいましたが、お前のことなんて興味ねえよ!まったく勘違いしているとしか思えない。
親友とか下町の人情味って双方向的なもので、一方通行じゃあないよね。
気持ちワルー!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する