日々想うこと

日々想ったことを綴っています

12月13日 民主主義への挑戦

12月13日土曜日、衆議院選挙投票日を翌日に控えて各党候補の街頭演説を聴きに行く。
午後は、本厚木へ小泉進次郎氏が来るというので少し早めに行ってみた。
街頭では、進次郎氏の応援するヤンキー先生の対立候補の方が演説をしていたが、ほとんどの人は聴いていない。
しかし、演説を聴くと非常に中味のあることをしゃべっていて、思わず聴いていた。
何分かすると、スーツ姿の男達と、制服姿の警官がそれぞれ数人ずつ私の周りを囲むように来た。
すると一人の警官が背中を向けながら
「これがガスだ」とか「これがガスライティングだ」
などと言い、駅構内の方へ立ち去った。
その後、間を置いて自民党の演説となった。
先ほどとはうって変わり、大勢の人が集まってきた。
群集の中に私が1990年代にいた空手カルト玄和のいわゆる“グル”そっくりの男が現れた。
40分位待ち、ようやく進次郎氏が登場。
約10年前にやはりこの場所に当時の小泉総理が来られた時ほどではないが、人・人・人である。
話を聴いているうちに携帯で写真を撮ろうとすると、先ほどから私の背後でごちゃごちゃ言っていた若い二人の男が
「しつけえんだよ!」
などと言い出した。
以前、元日の明治神宮などでよくやられた手口で、尾行してきて行列していると背後に来て嫌がらせを言う実に陰湿なやり口だ。
2001年の元旦にこのやり方でやられた男の写真を撮ったら、その数日前に横浜駅前の横浜銀行で並んでいるときに別の男と嫌がらせをしてきた女が写っていた。
さらには、2012年の7月に横浜市役所にこの警察がからむガスライティングの被害を訴えに行った際に対応した女性職員も、この時の女とよく似ていた。
話はそれたが、こういうことはロシアや中国などではいとも簡単に行われていると思うが、ここは日本だ。
二俣川の○○の民主主義への挑戦か?はたまた背後に空手カルト玄和がいるのか?
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する