日々想うこと

日々想ったことを綴っています

10月16日 また、当たり屋をやる

今日も朝は、隼人の生徒に化けたのに「「斉藤さん」やって行ってる!」みたいなことを言われた。
夕方は、近所でグレーのトヨタ・シエンタがゆっくり着いてきて、めんどくさいからホンノ数秒避けなかったらその後、二俣川で「また、当たり屋をやる!」などと言われた。このシエンタの色は見覚えがある。私が一昨年11月三ツ境で事故にあった際にいたミニバンと同じ色だ。今日運転していたのは茶髪の女だったが、あの時は八百屋のお姉ちゃんという威勢の良い女だった。車が出てきたのは、初島さんの家の隣だから関係あるような気がする。あの連中は、自分たちが車で事故を起こしても、相手を当たり屋扱いして済ませようとするのか?

二俣川ライフのコミュニティーセンターみたいなところでは「英語のオタク」みたいなことを言うガキがおり、そのそばにいかにも生命保険のやり手のおばさんという感じのばあさんが何か言っていた。
しかし、いつも思うが日本の警察はあれだけの間者みたいのを街にばら撒いているくせに、なぜ北朝鮮に潜伏して拉致被害者の方々を救おうとしないのか?なんでアルジェリアへ行って日揮の社員を殺害したテロリストを逮捕しようとしないのか?不思議で仕方が無い。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する