日々想うこと

日々想ったことを綴っています

6月11日 同じ女?

16時15分ごろ快速で横浜駅に着く。
電車の中で立っていた。
後ろで時おり「勉強するの!」とか「〇〇(忘れた)」などのように注意を喚起するような声がする。
みると隼人の制服を着た女子の二人連れで一人はメガネをかけていた。
断片的ではあるが、単語からすると公安関係なので、降り際に一言呟いてやった。すると例によってお仲間がいた様子。
横浜で買い物をしたが時おり女の声がした。
ダイヤモンド地下の有燐堂でほんの5分くらい立ち読みをしたが、近所に住んでいる男が言うように“順天堂の公安”とか、“本を買う”“先日テストが終わったから”などと言ってきた。
デパートの店員にも扮しているようで、高島屋のアウトドア用品売り場そばのトイレへ行き、戻ろうとすると数名の女子の店員が何かを語りかけてきた(忘れた)
18時34分横浜発の急行に乗る。
帰りも立っていた。
二俣川手前辺りで後ろに立っていた女に私の肘が軽く当たる。
一応わびた。
それではじめて気がついたが、その女は私服で若いがもう一人はおばさん。
若い方が希望が丘で降りた。
確信はないが、その女は行きに隼人の制服を着ていた女に似ている。
警察学校がどうの…と言っていた。
あの連中、私が書くことを当然予想しているわけだから警察学校云々はガセか?
同じ女ということはいままでもあった。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する