日々想うこと

日々想ったことを綴っています

3月27日 今日のガスライティング

昼頃だったか、袴田事件の再審のニュースが流れ、夜のニュースでは釈放の映像が流れた。
きっと、私に30年以上付き纏っている特高の連中は見たくないニュースだったと思う。
いや、ニュースも見ないし、新聞も読んでないと思う。

夕方、横浜へ。
希望が丘の駅で改札に入ると窓際にいた男が携帯を耳に当て大笑いしていたが、嘲笑という笑い方だった。
母親の誕生日、姪の大学合格の祝いを兼ねて食事する場所を探した。
その間、執拗に付き纏ってきたので、以下メモから。
時間は、いずれも午後4時半から6時半までの間。


モアーズの食堂街で「青の洞窟やるの」(青の洞門の間違いか?)を2,3回連呼する男がいて、私がそばに行くと何か毒付いた、見たことあるような気がした。オカノか?
ジョイナスの北浜の斜め前のパスタの前では、弓道着の格好をした男女が「クロウド、クロウド!」などと言いしきりに店に入る振りをしたが結局入らなかった。
ダイヤモンド地下の階段付近で、目まいじゃない?などと女の声がした。
高島屋のエレベーターでは、スーツ姿の男二人がアオノ(同級生の名前なので仮名)などと言う。

希望が丘について中央通りを歩いていると、7年位前から我々父子に嫌がらせをしてきたイモ口さんが自転車で通りかかった。私は長年父親と一緒にいたが、温厚な父親が他人に対してあれほど敵意のある眼を見たことが無いというほど、嫌がっていた。きっと何かされたのだろう。
さらに歩くと、何度か見かけた二人連れが学生のような格好をして、スマホを見ながら、スゲー、これ中一、きかないの、などと言っていた。

袴田さんの件に話を戻すが、証拠を捏造した警察関係者こそが死刑になるべきだと思う。
アゴケンの奥さんが、いつか「おかしくなるまでやる」みたいなことを言っていたが、この長年のストーカーの意図がなんとなくわかったような気がした。

冤罪をでっち上げた人間は「だはは、見つかっちゃった?どうせ時効だよ。」位の認識だろうから、ここは法律をかえる必要がある。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する