日々想うこと

日々想ったことを綴っています

9月1日 東横線の前髪クネオの不思議

メモというのは、やはりしておくものだ。
憶えているから大丈夫と思っていても2,3日経つとコロッと忘れている。

9月1日、たぶん18時ちょうどあたりの渋谷発急行元町中華街行き。
何十年と慣れ親しんだ東横線渋谷駅のホームが、今年から変わってしまったので、どこの辺りに乗ったかは、はっきりとはわからない。

電車に乗るとシルバーシートに二人の大学生位の男が座っていた。
一人は、俳優の三浦春馬さんを百倍位田舎くさくしたような感じで、もう一人は少しごつい。二人とも帽子をかぶりストリート系の格好をしているが、どことなく学生っぽさが抜けていない感じだ。
しばらくして気がついた。もしかして、この連中もストーカーの一味?と思っていたら、言葉の端々にそれと匂わせることを言う。
そして、たいてい彼らは単独ではない。そう思ってまわりを見るとすぐ横にそれらしきスーツ姿の男がいた。ということは、この二人はアルバイトか???
ともかくシルバーシートの前に立っていると一人が、
「前髪クネオで…」
などと言う。ご存じない方のために、前髪クネオというのは、NHKの「あまちゃん」に出てきた物語上の歌手で絶えず前髪を気にしながらクネクネ踊っている人です。
意味は、分からないが、後は「優等生みたいなことばかりして…」
などとも言っていた。

その日も運動生理学のことについて調べたかったので、東京の某図書館へ行ったのだが、読みたい本が貸し出し中だった。しかし、ベンチで本を読んでいると横にいたグリーンの短パンをはいたMrビーンをもっと若くしたような男が、ファッション雑誌を読んでいたかと思うと「明日のアサは、ナンパするの…」などと突然言い出した。
なぞのストーカー集団に「明日」とか「アサ」とか言われているので、じぇ?(これも「あまちゃん」に出てくる表現ですが、実際に岩手で使われているようです)と思ったが、こんなとこまで尾行か?と思った。
この連中ともかく自分達が思い描いた人物像にするためには、何でもやる。
暗示をかける、薬物を飲ませる、電車内やホームで肩をぶつけたり、言葉での挑発、そして美人局(まあ女を囮に使うことですね)。
そして神出鬼没!どんなところにも潜り込み、何にでも化ける。(眠くなってきたので詳しくは書けない)そして、その日もそうだったが、電車などであらかじめ乗っている点。
いまは携帯電話があるから、見張りをつけて連絡を取り合えば良いのだが、携帯の無い昭和の頃からやっていた節がある。いややっていた。
不思議だが、眠くなってきた。
ともかく、この二人は横浜駅で降り、昇りのエレベーターに乗っている際も、「ケンタロウ君ジャン」などと言って笑っていたので、「イヌ!」と言ってやったら、たぶん電車内で横にいたスーツ姿の男だろう、後ろから来て「ガッキ!」などと言い捨てた。楽器???

PS:これを書き始めたらアゴケンさんが家から出てきたようで、ギャク!などと言っていた。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する