日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

4月27日 希望が丘の追い出し屋、という名称について

今日、昼1時のNHKのニュースを見ていてハッとした。
"追い出し屋"というのは、家賃滞納者に対して違法な嫌がらせを行い立ち退きを迫る事を生業とする連中、だ。だから、私がいままで書いた「希望が丘の追い出し屋」というのは、厳密にいうと当てはまらない。
というのは、引っ越された人は自分の持ち家で、家賃を滞納されていたわけでも何でもないからだ。
嫌がらせによって、希望が丘に住むのが嫌になって他所に移られただけだ。
こういうのを何というのだろうか?
バブルの頃、地上げ屋という言葉がはやったがそれとも違う。
ただの嫌がらせ屋、暴力団、ダニ、ゴミ(この間、瀬谷区の某ホームセンターで私服らしき男に言われたので追加)と呼ぶのか?

名称にこまるが“追い出し屋”という言葉は適切ではなかったにせよ、実際に書いたことが行われ、そして、自称警察関係者が関与をほのめかしていた、これは事実です。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。