日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

3月14日 データーが欲しいから

前回、突然英語で書いたのは、またまた跳んだからです。
遠隔操作と断定して良いのか微妙ですが、兆候はありました。
3月13日、夜9時ごろ自室へ入ると「インターネットやめて!」と叫ぶ男の声が外で聞こえました。
そんなことまで指図される覚えは無いので、パソコンを立ち上げました。
サブで使っている古いパソコンにLINUXを入れたものです。
しばらくインターネットを見た後で、ブログを書こうと思い、書き始めると突然文字バーというのでしょうか、SCIMとかいうバーが消えてなくなりました。日本語機能が使えないから英語で書いてみました。
先日も、シーモンキーというブラウザを使っていると、戻るときなどに使う矢印のあるバーが消えました。これは、偶然かどうかまだわかりませんが、相手はなにしろカスペルスキーをも打ち破る江ノ島の遠隔操作犯並みの希望が丘の天才ハッカーですから…

そういえば、昨日(3月14日)横浜駅周辺で聞き捨てならない声を2,3聞きました。
一つは、「データーが欲しいから…」みたいなこと。
二つめは、「指定、俺の心を読みやがった」です。(これは、19時少し前に、横浜そごうの鮮魚売り場に入ると、脅すように叫ばれたことですが、男の声でした)

この二つが、この20年も続くガスライティングの関係者の仕業とすると、読み取れるのは
1.「データーが欲しいから犯罪者でもない人間を“指定”にでっち上げて…」付回している。
2.やはり先日書いた近所迷惑な廃品回収や物干し屋は、アゴノさんの仕業だった。
です。

話は変わって、昼食を鶴屋町の「すき屋」でとった後12時半少し前に、A高校のスポーツバックを持った数名の高校生らしき(成りすましも多いから)連中が、「H高生に入れた途端に…」などと私の方を見て言っていた。私が顔を見ると目をそらして一瞬黙りましたが、通り過ぎると背後からまた似たようなことを言って笑っていました。

今週の月曜日にも、孤立死があったご家族の家のすぐ前でその辺に住む医者という男が、奥さんと一緒に似たようなことを言っていました。
医者って、ストーカーもやるの?
このガスライティングには、医者も関わっている。
いやむしろ、頭は医者?
となると、たびたび名前を聞く「順天堂」。
データーが欲しいからでっち上げ!
データーが欲しいからストーカー!

あれ、公安は?アゴカンは?ガスノさんは?そして空手カルト、ゲンヤは?
この辺でグルグル回っています。

追記2:やるだろうなあ!でもなあ!と思っていると、今度はおまわりさんが訪ねてきた。新しく交番の勤務になりました、と言っていたが…
これも、アゴノさんのわがままか?
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。