日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2月10日 ダイエーのアノ君

運動後、今度は三ツ境ダイエーに寄る。
私は幼稚園が三ツ境なので、三ツ境にもなんとなく親近感がある。
三ツ境といえば、平野プール(信じられないだろうが、三ツ境にもプールがあった)、相鉄ストア(今のローゼンだが、場所が違う。商店街へ行く途中だったから、いまみずほのATMが角にある坂の辺りだろうか?)
ダイエーはあとから出来たが、ライフよりもダイエーのほうが三ツ境という感じがする。

7,8年くらい前だが、地下というのか、一階と呼んでいるのか知らないが、食料品売り場のフードコーナーにいると、同級生のユージが現れた。すぐにわかったが声をかけなかったら横にいた女に「あいつ行ってるよ」などと言った。
その前に「ユージがやるって」という予告があった。

2月10日に話を戻そう。
ダイエーの一衣料品売り場を歩いていると前から来た女店員が、手に×印を作りながら「ダメ、介護に行かないから…」などと言う。
(同じことを2月12日、二俣川の大池からの坂を上ったあたりでも言われた)
「介護?母親は元気だが…」などと思いながら下の階へ行く。
食料品売り場のフードコーナーにガラの悪そうな数人の女がいて目があった。中には威圧してくるようなのもいた。どこからともなく「またやってるよ…」などという女の声も聞こえた。
焼酎とチューハイをかごに入れて、売り場を見ていると若い男が「あの薄いのに入れる」などと言ってなぜか背中を向けた。
レジの時間は5時3分。
その後、上の階のベンチに腰をかけ休んでいると、少し陰のある若い男と目が合う。すると「キュウショウ…で」とかなんとか言う。
そして、本屋で雑誌を読んでいるとそばに中学生らしき二人の男子がいた。
その一人が横に来て座りながら「空手やれ、体に良いの」などと言う。後ろにはいつのまにか数人人間がいた。よく見なかったが、一人は希望が丘でも見たような気がする。
もう一人が「アノ君(仮名)この本に俺が出てるよ」などと言うが、アノ君は返事をしたがなぜか離れたところから近づいて来なかった。
アノ君?聞いたような気がするが、しばらくして気がついた。
空手カルトのスパイ・カワハラの後輩にそういう名の人がいたが…
ということは・・・
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。