日々想うこと

日々想ったことを綴っています

12月25日 私の年金問題

今日、年金事務所から委託されてきたと言う、バックスグループという会社の女性が家に来た。
この2年位年金が滞っているので、払えないなら免除制度を受けろというのだ。

いままでも何度か電話で同じことを言われた。
「働いていないんですか?」
などというので
「事情があって働けない」
と答えたが、不快感が残った。
免除制度は受けない、払えるようになったら払う、といつものように答えて帰ってもらったが、門を出たとたんに笑い声と共に「また、離れてる…」「大丈夫…」などというあざ笑うような女の声が聞こえた。
本人か、あるいは話している最中に、家の前の道をこちらをのぞくように見ていた女がいたのでその女か、また別の人間か、実に不愉快だった。

さらに、
「免除制度を受けていないと、死亡したり、交通事故にあったりした時に年金を受け取れませんよ…」
などと言っていたが、交通事故を何度も繰り返していたので怪しいと思った。
この間の事故のことを知っている。成り済ましか?

働いていないのは、簡単に書くと、二十年以上前から特高に面接や職安での職探しを妨害され、働いている時も会社に内偵を入れられて薬物を飲まされたり、鼻を治療しろと刷り込まれて、鼻の日帰り手術をすると、変な麻酔を使われ心筋梗塞のような状態になり、しばらくしてから不整脈が出るようになったり、職場で「シャブ中」とか「そううつ」とか色々なうわさを流されたり、そういうことが、積もり積もって少し嫌気がさしたこと。
ただ、相手は特高だけではない、15年前に自分がいた空手カルトも関係しているので、黒幕はそちらかもしれない。

また、その関係者が何らかの形で両親を脅迫していて、家を空けるのに不安がある等色々重なって今にいたっている。
株は好きではじめたわけではないが、それでもそれなりに上がっていたころは、年金をなるべく払うようにしていた。
しかし、生活を圧迫してまで年金を払え!とか、家にまで来て、免除制度を受けろ!は少々やりすぎだと思う。
この間も差し押さえもある…などという通知が来たので、いきなりこんなものを送って来て、やり口が暴力団みたいですねと言ってやった。
こちらが横浜市役所や神奈川県庁へ訴え出ても、関係者が手を回してうまくごまかされてしまう。
そこまでするなら社会保険事務所ひいては、厚生労働省さん、特高を抑えなさい。
学校のいじめの実社会版みたいなもので、特高の若い奴が脅したり、計画殺人みたいなことを平気で言うから、みんな右に倣えで、言いなりなっているけど、いい大人が特高が正しいとか心から思っているわけじゃあないだろ!

繰り返すけれども、払う気はある。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する