日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

10月15日 希望が丘にも

朝8時少し前に、目が覚めて雨戸を開けるとおばさんの、ののしるような声が聞こえる。
こういうのは、たいてい十年くらい前から近所に住み着いた自称元婦警だ。
ブログのことだろうが、反応が早い。
やはり盗聴しているのか?しかし、雨戸をあけるタイミングまで計っているとは恐れ入る。

先週の土曜日の午後3時少し過ぎに、我が愛する母校の小学校の前を通りかかると、なにやら汚らしいお若いおばさん達がタバコをくわえながら、私を見て笑っている。腹が立ったので「クソおねえさん!」と言って差し上げたら、背後で大笑いされた。

今日は、いつものように夕方小一時間運動をして、くたくたになってユータカラヤへ寄る。
通路に入るとマッチョの男がこちらを確認するように見て消えた。
たいした物は買わなかったが、レジへ。店には、中学生位の男がたくさんおり、数名が気のせいかこちらを見ている。レジへ行くと後ろで「これ初心者」などという声がした。さらに商品を袋に入れる机のところに数人がいた。外へ出ようとすると、また背後から「初心者へ行く」「初心者でもないか…」などと言う。
自分の自転車の所へ行き、出そうとするとその子達が来たが、目をそむけて行き過ぎてしまった。
希望が丘に、このようなわけのわからないエキストラが私の前に出るようになったのは、1998年からで、場所はたいてい商店街の登りでだった。

今回も“かむろ”のようでもあり、違うようでもある。なんとなくモヤモヤするので書きましたが、かむろの定義も曖昧になってきたので、今度は違う名を考えないと。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。