日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

9月28日 きっと紛れ込んでいたのだろう

こういうのを溜めとくと精神衛生上良くないので吐き出します。

昨日は、大和の職安へ。
このブログをつけ始めた2008年5月を最後に、面接すら受けていない。
ただ、それはこのブログにもつけた3月24日に新橋で法律事務所の事務の面接の帰りに、たしか銀座線の中だったと思うが、数人の男が前に来て笑いながら座っている私に向けてヘナヘナのパンチを出したから…などというのが理由ではない。格闘技やってきたのだからそんなひ弱なパンチなんて何万回見たかわからない。

その後も数社受けたが、いつも露骨に妨害するから嫌気がさしていることは事実だ。
彼らがたぶん公安か県警の関係者で、その仲間が20年以上前から付きまとってきたことは確かだが、私が求人に応募しないのは、そのパンチのせいだと警察関係者にも言いふらしているようだから本当に性質が悪い。
よく話題になる中学校のいじめ事件の加害者みたいな中途半端な不良連中が、そのまま公安関係者になるのだろうか?精神構造は似たようなものだ。

昨日は、大和の図書館まで自転車で行き、そこから職安まで5分位なので歩いた。すると前に灰色のズボンをはいて歩道いっぱいに広がって歩いている3人組の高校生らしき男がいた。皆、手にはビニールの買い物袋を提げていたので、文化祭の準備でもしているのか?位にしか思わなかった。しかし、距離が近づくと一人が横目ですぐ後ろにいる私をチラチラ見ている。まあ、高校生は生意気だから…と気にも留めないで交差点あたりで追い抜いた。
すると、後ろから「入っている」とかなんとか言う声がした。この連中も?

職安について検索を始めるとすぐに「窓口は4時25分で閉めます…」などと職員の人が回ってきたが、30分位見て、図書館へ戻る。図書館の少し前の交差点で、数人の背広姿の男に一瞬囲まれた。中年の一人が「お客さん」などと言い別の男が「うつした」などと言う。すぐに大和図書館に着いたので、どんな人たちかなあ?と待っているとすぐにさきほどの連中が来た。携帯を持っていたので写真を撮られると思ったのか、中にいた若い男は顔を背けた。この男は見覚えがある。
確信はもてないが2008年6月に三ツ境商店街で見たような気がした。ちょうど17時ごろだ。

今日は、相鉄で横浜へ。ビブレのソフマップへ行くと、またネチネチと嫌がらせをしてくる。ブックオフで本を見た後で、くだりのエスカレーターに乗ると、「ナチさん」「MAXで」などと言ってきた。
その後、中央図書館まで歩いて本を返し、違う本を借りようとすると女性の係員が「そのままで良いですよ」「10月11日までに出ます」などとわけのわからないことを言い、一人でうれしそうな顔をしていた。きっと紛れ込んでいたのだろう。
その後、歩いて相鉄の駅まで行く途中で、道がわからなくなったので、通りかかった男の人に道を聞いた。
落ち着いた話し方をする人だったが、わかるところまで行くと、生活科のおばちゃんみたいなばあさんが、ありがとう…などと言っていた。
西横浜から相鉄各駅に乗る。私が座ったのは7号車最前部のドアの少し手前だ。星川から2人の高校生のような女が乗ってきて私の正面に座った。グレー地のチェックのスカートの制服を着ていた。私が図書館で借りたストレッチの本を読んでいると一人が“ストレッチ”などと叫んだ。一人は、おかっぱで日本人形のような顔をしていたが、もう一人は記憶に残らない。二人は、「これが普通の…」などという捨て台詞を残し西谷で降りたが、私が携帯をいじり始めるとその隣にいて、ジッとこちらを見ていたその隣のドア際に座っていたやはり女子高生姿の女が、そそくさと立ち去った。
きっとグルだったのだろう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。