日々想うこと

日々想ったことを綴っています

6月30日 “譲り合い”と“元凶”

夕方、良い光景を見た。午後6時少し前に、希望が丘ライフ上の交差点で、自転車に乗った女性が、交差する道で一時停止している自動車にわざわざ止って、「先に行け」と合図していた。
私も以前こういうことをしていたが、本来の交通ルールや流れからすればその自転車は直進してよいはずで、私はそうした。
運転手の男性が私を見ながら笑っていたので、前回ブログに対してのやらせのような気もしたが、譲り合いはよいものだと思う。
昨日の場合は、あやうくぶつかりそうになったのに、なんの会釈も無かったから…
その後に男の子供の声で「あッ、変わっちゃう、早くしろよ!」などという怒鳴り声が聞こえた。
昨夜、希望が丘に蔓延る○安の正体をみたような気がした。NHKの孤立死についての特集を見た後だから8時45分頃だ。家を出て商店街へ向かう。
商店街へ入ると道路の反対側に隼人の野球部らしき集団がいてある苗字を叫んでいた。
すると「自殺!」などという声がした。先ほど重いテーマの番組を見た後だったのでギョッとしたが、どうやらその集団の中から聞こえたような気がした。
しかし、その集団が先に行き過ぎていくと、今まで集団の後にいたジーパンにTシャツで坊主頭の男が、今度は集団の前の方にそそくさと歩いて行った。実はこの男が声の主で、学生に紛れ込んで悪さをしている公○なのではないか?いつもは制服を着ているが…そんな気もした。

今日の午前中、門のところの補修をしていると、「フン、しい」などと笑いながら言う男がいた。しい、というのは、共産党の志位さんのことだろう。要は自分達を批判するのは共産党だと言いたいのだろう。そうなるとこの男は○安か協力者だな。
私は共産党が政権をとるのは危険だと思うが、ある程度の存在意義はあると思う。有給休暇とか育児休暇、健康保険さらには今話題になっている社会保障制度なんかも社会主義からの恩恵だろう。そういった面からすれば全面否定するのも間違いだと思うし、かつて人にもそう言った記憶がある。
公○とか生活課の連中が有給もいりません、育児休暇も取りません、医療費も保険のお世話にならずに全額払います。困っている人のために、希望が丘や横浜の治安のために滅私奉公いたします、位の覚悟があれば良いけど。
どうせこういうガキに限って、バイクや車ですごい音鳴らしてご近所中に迷惑かけてもまったくの知らん顔で、たぶんしっかり有給使って、健康保険も使いながら、上司に言われるがままに年寄りをいじめたり、パトカーで遊んだりしてるんだろ!
しかし、本当はこういう連中を洗脳している元凶を断たないとだめなんだよね。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する