日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

5月10日 雹や落雷にも気づかず

11時前に家の外にトラックがとまり、「大丈夫です…」「じゃあいつも通り…」などという声が聞こえた。
11時頃外出、二俣川へ向かう送電線の辺りで例の“二俣川のトカゲ”が現れる。今までは、前から現れたが今日は後ろから自転車に乗って出現したので、多少驚いた。直後にたぶんお仲間だろう、作業着を着た男が薄笑いを浮かべながら出てきた。
すると、「二階に上げといて…」などという女の大声が聞こえてきた。そちらのほうを見ると、二階建てのアパートの二階のある部屋のドアが空いており、入り口に後ろ向きの女と中の男の姿が見えた。
11時25分頃、地下道をくぐり厚木街道へ出る。すると、着物の喪服を着た茶髪の二人連れの若い女性が目の前をブツブツいいながら通りすぎた。
なぜか1984年に二宮書店の前辺りを歩いていると、数人の若い化粧品のセールスレディといった風の女性達が、私に向かって「美少年登場、ああいうのを美少年って言うのよね…」と言ったのを思い出した。意図はわからないが、それがいまだに続くストーカーと関係していることが最近わかったが、そうするとあの二人も怪しい。歩き方も不自然だった。
二俣川駅へ着き株価をチェックした後で改札へ入る。改札へ入るとホスト風の男が正面にいてジッとこちらを見ていた。各停に乗り横浜へ向かう。不覚にも何号車か忘れたが、進行方向右側の席に坐っていた。
ここで文学風に…
各駅停車から見る景色は、急行と一味違う。私は、各停からみる景色が好きだ。
などと景色を楽しんでいると、ときおり癇に障るような叫び声が聞こえる。
「言えないからだよ!」「○×△■…」
同じ列の前方に坐っている若い女達の声だった。私がみると一人がニヤリと笑った。ここまで来ると執念のストーカーというやつだ。
12時少し前に横浜駅へ着き、五番街口から出て証券会社へ行こうとすると、「手術で…」などというヒステリー気味の女の声がした。姿が見えなかったが、昨日書いたグランベリーモールに現れたおばさんか?
手術?
そういえば、1998年頃に希望が丘で付き纏いの女に「鼻が悪いから…」「メガネが重いから…」「鼻を治せ…」などとしつこく言われて、1999年に某大学病院で日帰り手術を受けた。
その時に心臓を鷲掴みされるような麻酔を受けて、あれから息が切れるようになった。
でもその後ついた引越しの仕事では散々走り回れたから関係ないかも知れないが、やはり安易に手術なんてするものではない。ましてや無責任な暗示や刷り込みでなんかで…
それにしても首謀者は誰だろう?
そういえば、近所にやたら医学の知識をひけらかすおばさんがいるけど…
午後二時ごろから雨が降ってきた。横浜近辺でも落雷や雹を伴うほどだったそうだが、株価に気を取られて気がつかなかった。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。