日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

4月12日 学説よりも定説

午前11時10分頃、希望が丘の駅に着きパスモにチャージすると、どこからとも無く苦笑といった笑い声が聞こえた。改札を抜ける時に駅員の事務室のほうから「クロサキに聞いてごらん、ヒロサキに」などという低い男の声がした。
横浜に着き、ヨドバシへ行く。プリンターのインク売り場へ行くと、若い男の店員がいて「何かお探しですか…」などと言うので「大丈夫、わかるから」と答えて目当ての製品を手にとりレジへ。レジでは、女性店員が一人で、男の店員は電話の受話器を持っていた。後ろには中年の男が立っており、振り返ると一歩後ずさりして「ベイエリアで!」などという。
前のお客さんがカード払いだったので多少時間がかかったが、終わり私の番になる。「ポイントはおためになりますか?」「使って下さい。」のやりとりの後、「しつよう…お伝えしました。」などと妙なことを言われた。私が何も言い返さなかったので、緊張がほぐれたのか、してやったりという顔をしていた。この女、婦警か?レジの時刻は11時50分。
その後、12時少し過ぎに東横線急行渋谷行きに乗る。3号車だった記憶がある。日吉あたりで乗ってきた裕福な女子学生といった感じの人が、渋谷に近づいて混雑してくると背中を向けて私の坐っている席のすぐ前辺りに来た。渋谷で降りると、「引っかからなかった。」などという声がした。あれ囮?
渋谷に着き証券会社で株価のチェック。証券会社に着くすぐ手前で、その中から私に長年付き纏ってくるカワハラ系の男が急いで出て行き、逃げるように交差点をわたった。

その後ハローワーク渋谷へ。
しばらく検索をして、目が疲れたのでやめようとすると隣に若い女性が来た。そのまま立ち上がると相談待ちの椅子に座っている男がこちらをジッと見ていたのに気がついた。検索用の番号札を返すと受付の女性が驚いていた。これも?
その後、ハーンズなどへ行き、大引け少し前まで見て地下鉄へ。せっかく東京へ出たのだから千鳥ヶ淵へお花見に。
九段下の駅を降りると武道館への案内板を持った人達がいた。どうやら東大の入学式らしい。通りに出るとそれらしき人達が大勢いた。なぜか盛装をした私位の年配の女の人も目立った。どうやら新東大生のご父兄のようだ。嫌なものを見た気がする。親のほうが舞い上がっているようだ。近頃の学生は…じゃあなくて、親も、だよね!

すでに散り始めている様子だが、ともかく桜は美しい。お堀に散った花びらが溜まって、水が一面桜色になっているのもまた一興だ。一度半蔵門方面へ行き、また引き返す。
途中で「…より学説」などという声が聞こえた。

それにしても最近桜の花が本当にきれいに見える。年のせいか?これには、二重の意味があり一つは、若い頃は元気があまっていたのでいわゆる花より団子。でも桜もいろいろな教養がないと感じないと思うからやはり年の功。

そういった日本人としての常識を深める意味でも靖国神社へ。
最近1、2年に一度は行く。やはり歳のせいか?
大村益次郎という方の像がある。昔、花神という大河ドラマがあってそれを見ていたので名前は知っている。攻めダルマというあだ名があったのを憶えている。
本殿へ着きお参りしようとして、ふと振り返ると見覚えのあるような男がニコニコしながら私を見ていた。友人とか同級生の類ではない。誰か写真を撮ろうとしている人がいて、係りの人に注意されていた。
お参りし終わるとメガネの男が前に来て「あの著書を読んでおかしいと思わないのがおかしいんだよ!」などと言い出した。この男、希望が丘の中央通りで見かけたことがある気がした。こんなところまで付き纏ってきて何しようというのだろう。

さらに進むと、同じ男か別の男か忘れたが「あの菊のご紋を…」などと言って門を写真で撮りだした。外国人ならいざ知らず、日本人である程度の常識があれば、ここがやたらと写真を撮っていい場所かどうかの区別がつくはず。
右とか左とか騒ぐ以前にこういうところが非常識だって言うんだよな!

以前も、おじのお葬式の時に数年前に二俣川ライフの駐輪場で見かけた生活科みたいな目つきの悪い女が来ていて、読経の最中にいとこの子供達(若い女性)の後ろにわざわざ別の場所にいた私をおばを唆して坐らせて、ヘビみたいな目つきで見ていたけど、バカかって言うんだよ。
わざわざ他県の山の中まででしゃばって来て、葬儀の最中に何しようって言うんだよ!
出張費は、税金使っているんじゃないのか?

靖国神社だろうが、お葬式の最中だろうが、まったく場をわきまえない。
自分達が、一生懸命仕事をしてると思いこんでるから始末に悪い。それともただのいやがらせと割り切って来てるのか?

検察は、先にストーリーを作って、その通りに誘導しようとする。とか、警察は一度クロと決め付けたら、たとえシロであってもクロにしようとする、とか、学説とまではいかないかもしれないけど、定説みたいのありますよね。
足利事件があれだけ騒がれても、厚生労働省の村木さんの事件が連日ニュースになっても、まったく関係がない。
ニュースや新聞見ないんだろう?

途中を省略するが、希望が丘の駅に着くと、若い駅員がなぜか苦々しい顔をして私の方を睨んでいた。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。