日々想うこと

日々想ったことを綴っています

3月30日 小田急線のオタクな人達

用事があって新宿へ向かう。
三ツ境まで歩いたが、駄菓子屋の前で近所で、大声を出している生活課のようなおばさんが自転車で通りかかった。
待ち合わせまで、大和駅周辺で時間をつぶす。プロスの有燐堂へ行こうとすると近所で見かける人が下からのエスカレーターに乗っていた。本を眺めていると二人のおばさんが話ながら寄ってきて、私の周りに来て、エクソシストの頃にする…、教会に行け…とか言いながらさっといなくなった。

一時半頃に大和駅を出た急行新宿行きに乗る。
私達が座ったのは、10両目進行方向右側。前の席には、数名の若い男が座っていて、一様に下を見てスマホやらゲーム機のようなものに熱中している。そろって下を向いているので、妙な気がしたがともかく座る。いささか眠くなったので、うつらうつらしているとピカッと光ったような気がした。目を開けると前側のメガネの男が白いスマホを持ってこちらを見ていた。おかしいなあ、写真をとられたか?うつらうつらしながらも、窓から入ってくる光の様子をみていると、先ほどのピカは明らかに自然的なものではないようだ。おぼろげな記憶だが、私の持ち株の銘柄の一つを言ったような気もした。(あまり普通の人の会話には出てこない会社名だ。)
町田だったか新百合だったか、ともかく割りに早いうちに先ほどの集団はそろって下りた。降り際にそのメガネが「…をマスターしたら。」などと言い残していった記憶がある。

新宿駅に着き、ホームのOX売店で買い物をした。買い物をしてレシートをくれと言うと、パスモ以外ではレシートは出ません、などという。その時に下で朝刊か雑誌か何かをまとめていた男が、急に顔をあげた。
その後、西口から出て東口へ向かう途中で先ほどの電車内の秋葉系集団のような連中が出てきて、「西口だから…」「そうかそれで写真を撮ったのか…」「写真を撮ったのは…」「同じ人がやってるの…」などと通りすがりに言って来た。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する