日々想うこと

日々想ったことを綴っています

1月12日 横浜駅の「草」

外出。
横浜駅に11時半ごろ着く。
相鉄の中で本を読んでいると、横浜駅に着く頃に背後で「草!」という声がする。振り返るとメガネをかけた地味な中年男がいた。声の主はこの男だろうか?
ホームに降りると、また背後で「草!」という声が聞こえた。今度は、別の暗い目つきの小柄な若い男が私を追い抜いていった。
なんとなく見覚えがあったので適当に「加藤!」と背後から声をかけたが反応しなかった。

まず、ヨドバシへ行き、時計用のボタン電池の値段を見る。それからそばのダイソーへ!
同じ型番と思しき電池がヨドバシの4分の1で売られていた。しかも、こちらは2個でその値段だった。すると横に若い男が来た。
さきほどの「加藤」だ!
こういった仕事の連中は、尾行をまく練習などをしているので驚きもしなかったが、ダイヤモンド地下の入り口の階段までは私の少し前を歩いていたのが、いつの間にか消えたいたのだった。
その男が、何かを手に取りレジへ行き、レジの人に一言、二言はなしかけていた。
念のためのレジのおばさんにこの型番の電池、これ(前に使っていた電池)と同じですか?
と聞いたが、「さあ、番号が同じなら使えるはずですよ…」「こんな時のために…」などとつれない言葉が返ってきた。裏をみると互換するという事なので買うとなぜかそのおばさんが驚いて「いいんですか?」などと言っていた。なんのこっちゃ?レシートの時間は、11時44分。
それからしばらく時間を潰して後場の始まりを待つ。

後場もかわりばえがしない。
13時15分頃、本が読みたくなったので五番街のマックへ入り3階へ行く。
20分位すぎた頃に、横の方に二人組みの男が来たようだ。いつものストーカー集団のようで、それとなくメッセージを送ってきた。その後10分位また本を読んで、そろそろ出ようか?というところで、若い男二人、女一人のグループがすぐ横の席に来た。
女が奥に一人で座り、男二人が通路側に座るが、何か変な気がした。
長年の被ストーカー体験の勘で、この連中もその集団の一員のような気がしたのですぐ席を立った。
やはり株は動かない、動かないというよりも少しずつ下がっている。そのまま終わりそうだったので、またヨドバシへ行き、小物を買い、ipadなどを見る。

予定では日の出町の図書館へ行くつもりだったが、寒いせいか面倒になり、日産の本社などへ行く。日産の本社では、歴代のスカイラインが展示されていた。昔は、車にはまったく興味が無かったが、ああこんな車が走っていたなあ!となつかしい気がして写真をとった。お姉さんが、アンケート用紙を持ってきた。面倒なので辞退したが、なぜか私の頭の方を見ていた。
また本が読みたくなったので、端の椅子でしばらくタウンワークを眺めた後で読書を始めた。すると良くみなかったが数人のスーツ姿の男がそばに来た様子。フッと笑い声の後で「会ったってしょうがない…」などという声がした。その前にも「是非会って欲しい」などという声がした。誰に?
そろそろ帰ろうと席を立つと、なぜか先ほどのお姉さんがそばに来て感じよく会釈し、数人のスーツ姿の一人がいつものように携帯を耳にあて私を見ながら「原稿料…」などと言っていた。

その後、そごうをぶらついたが、酒売り場で日本酒が眼にとまったので見ていると、そばにいた男が試飲をしたあと「もういい!」などと言い立ち去った。販売員の人が私にも試飲を薦めたが、断って家に帰って飲むことにした。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する