日々想うこと

日々想ったことを綴っています

12月18日 「坂の上の雲」と「崖の下の猫」

やはり坂の上の雲は、いいなあ!スケールが大きくて!
それに比べてなんなんだ、俺の周りを二十年以上付き纏って喜んでいる連中は…
あまりにレベルが低いから、相手にしたくないんだけれど、どこに行ってもまとわりついてくるし、ある程度吐き出さないと。
昨日は、夕方三ツ境ライフへ行き、買い物をすませかえろうとすると、なんとかいうハニーズの系列店の前辺りでだったか、後から「ボケナス!」などという女の声が聞こえてきた。次に「ジャニーズの方へ、ジャニーズの方へ」と二回位繰り返した。
だいたい繰り返す時は、相手の注意を喚起する場合が多いので、私に言っているのかと思いドアから出たところで待っていると、貧相なおばさんが、水色のジャンバー姿の男と子供を連れて現れた。
女の方はチラリと私の顔色をうかがい
「どうしようか?」
などと言いながら三人で駐車場の方へ向かった。あまりにもその女が貧相だったので、こんな茄子以下の連中にすらボケ呼ばわりされたことで少なからずショックを受けた。

今日は午後から横浜へ。
そごうの本屋で語学の本を読んでいると、なにやら背後で女の声がしてきた。
「時間じゃあなくて、痴漢よ、ヒヒヒ…」
この自分に分かるレベルに相手を持っていこうと持っていこうとするのは、最近新聞などで、痴漢のデッチあげで、証言が信用できない、と裁判所でも言われたという人と同業の連中か?男性の方は、毎日のように新聞の社会面で世間を騒がせているけど、女性も似たようなもんでしょ!
次にルミネの有燐堂へ行き、文庫を見ていると二人連れの所謂オタクの人に扮装した二人の男が、「こういう時は太宰治とか読むといいんだよね!」などと言いながらそばに来て、「オガタ(仮名)が書いたのでウツ、ヒヒヒ」などと笑いながら通り過ぎていった。オガタという知人はいるが意味はよくわからなかった。

3時20分頃に本を買った時にレジのお姉さんが「袋に入れますか?」と聞いてきたので頼むと「いらない!」などと後で男の叫ぶ声がしたが、先ほどの連中か?
エスカレーターで下に降りる途中で、「勘違いしてる!」などという声が聞こえたので、そちらをみるとアベックの男の方が緊張した顔でこちらを見ていた。
その後すぐに私が苛ついているのに乗ずるように、若い男が目の前に割り込むように前に来た。ちょっとカチンと来たが、今までの流れからするといつもの挑発、これは25年前にヘビノさんがやってきたやり方ではなかろうか?と瞬時に判断して譲った。http://yuuyake10.blog71.fc2.com/blog-entry-220.html

その後、母親と合流してそごうで買い物をしているときも付き纏ってくる。
さらには、5時ごろ夕食のためにポルタの韓国料理の店に入ると、スーツ姿の団体さんが、「坂の上の雲があるからかあ!」などと言いながら、帰っていった。
その一人がジンロのボトルと私の目の前に突き出して何か言ったが、思い過ごしか?
そういえば、どこだったか、横浜駅のどこかで「みんなを敵に回すとこうなるのよ!」などと凄んだのいたが、女の声だった。この人達、特別公務員の人???
ともかく坂の上の雲のスケールの大きさと、この付き纏いの連中の低さ、に愕然とさせられている今日この頃です


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する