日々想うこと

日々想ったことを綴っています

12月4日 鼻歌をうたうレジのおばさん

お久しぶりです。
この数日、またまたわけのわからないことがあった。
木曜日に、二俣川のサンハートで休んでいると、数名の若いグループの中で私の苗字をしきりに言っているような気がした。あまり気にしなかったが、郵便物を持って来さしているの!などという声が聞こえた。
別に私と同じ苗字の人は沢山いるが、郵便物の件は少し気になる。

さらにその夜、電話がかかってきて母親が取ったが要領が得ないようなので代わると、気色ばんだ若い男の声で「どなたですか?」「ご主人様ですか?」などと言い、そうだと答えると「奥さんをからかっていたんです。」などと言う。「何いってるんだ?」と言うと反応を確かめるように数秒置いて電話が切れた。

昨日は、夕方三ツ境の某スーパーで焼酎を選びレジへ行くと、レジのなんとか原人(失礼!)みたいな思いっきり濃い顔のおばさんが、私に敵意があるような態度で「帰る準備してるの」「酒びたりをやるの」などとよくわからないことを素早く言い、鼻歌を歌いだした。

鼻歌をうたうおばさん…
30年位前に二俣川からだったか?相鉄に乗ると電車が揺れた際に、若い女に思いっきり足を踏まれた。
ハイヒールみたいのを履いていたようで、その痛いのなんのって…
その時、その女は一度はわびたが、しばらく私が痛がっていると、
「フン!いつまでも痛がってるんじゃあないよ!」
みたいな態度で、鼻歌をうたい出し、ふてぶてしい態度で軽く踊りだした。

最近、25年位前にどやしつけた男が執念深く近所に越してきたのが分かったが、この女もまさか…まあ別人だろう。

金曜日には、夜の10時ごろチャイムがなり出てみると郵便局の宅配便の人で、配達人が言った宛名が「ヘビノさん(仮名)」だった。ヘビノさんならそこだよ!と教え、ポストをのぞきにいっしょに外に出るとなぜかギョッとした顔をしていた。
しかし、夜10時に届けるか???


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する