日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

10月26日 トカゲの登山

夕方、希望ヶ丘の商店街を自転車で走っていると、信号の辺りで雅人高校(仮称)の生徒だろうか?
集団下校の高校生らしき一群から、
「出た!また、伊勢原町へ!」などという声が聞こえた。
こちらを向いていたが、私に言ったのだろうか?雅人高校の生徒に知り合いはいないが、一度、希望ヶ丘の駅の入り口の階段のところで、雅人高校の野球部の生徒か何かにおばさんが「あの人にこう言って頂戴!」などと頼んでいるのを見たことがあったが、あのやり口か?

伊勢原町?
小田急線の伊勢原のことか?伊勢原と言えば大山。
若い頃、大山へは何度も行った。
そういえば、昨年のゴールデンウイークにも行ったっけ?
今年の8月末に、某所を走っていると上り坂をトカゲのような男が、髪を金色に染めたおばさんと仲睦ましく二人でリュックを担いで登っていた。
そのトカゲのような男は、8月11日に書いた、トカゲの腹筋と同じ男だ!
私が13年前にいた空手カルト玄和の草(土着するスパイ)カ○ハラだ。

そして、この集団下校の雅人高校生達が希望が丘商店街で私に向かって何か言うことが起こったのは、ちょうど玄和をやめた1998年からだ。

彼が近所に越してきたのは2003年頃だが、そのカルトの機関紙によると1991年には、東希望ヶ丘に埼玉県浦和市から引っ越して来ている。
私が頻繁に大山へ行くようになったのは、1992年の年初からで、1991年の年末にやめた会社で激しい吊るし上げをくったことも大きな要因だ。
もしかすると、その吊るし上げや、1991年秋に起きた近所の放火事件、94年末から95年初頭に起きた自宅の飼い犬が夜中に何者かに襲われる事件、さらには95年の5月に飼い犬が毒殺らしき死に方をした事件も彼か彼の関係団体が関わっていたのか?
そして、この雅人高校生達を陰で操っているのも…
雅人高校生を自由に操れるなんて個人では出来ない。ちなみに彼は転ぶのが非常に上手かった。

追記 10月31日 同じ場所で、信号を渡ると、やはり集団下校の雅人高校生か?「青だ!青!青!」と連呼していた。
自宅に着くと、青という字が苗字につく人がニコニコ笑っていたが、彼のことだろうか?
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。