日々想うこと

日々想ったことを綴っています

5月3日 希望が丘の孫さんと楽しんご君

夕方、ホームセンターへ。
駅へ向かう途中で、孫さんをもっと生真面目にしたような人が前から来て私の顔をジッと見る。その後に二人の男女がいて何か言っていた、男は白髪交じり。
ここで、孫さんというのはソフトバンクの社長です。
今回の大震災に関してTV、新聞や週刊誌等の記事しか知りませんが、寄付のスケールの大きさもさることながら、直接被災地に出向いて、行政へ直接色々な意見を言われているとのこと、さすが大物!考え方のスケールが違う。
やはり坂本龍馬が好きだと言われるだけあって、日本をどうしようという視点にたって物を考えているような気がしました。
ボーダフォンの頃から携帯はソフトバンクを使っていますが、今回はじめてソフトバンクを使ってきてよかったと思いました。
電波の入りが今ひとつなんで、それもなんとかして下さい(笑)

二俣川から各停へ乗りかえる。二俣川からだったか鶴ヶ峰からだったか…
席に座ると一人の女性がそばに来たので、すわり易いように席を横にずれると、その女が座り横から連れらしき若い男が隙間にわざと肩肘を張って座り「別のバイトのことも書く」などと言う。普通は、軽く会釈位するのだが、自分が偉いと思っているらしく、物も言わずに座り傘を床に突きたてて肘を張って座るが、なぜか虚勢にしか見えない。
星川で降りると、少し離れたところで二人組の雰囲気の暗い若い男が舌打ちをして何ごとかをつぶやいた。そこで確信したが、たぶんこのアベックとその二人は警察かそのエージェント!
一度目をつけた相手に25年一日のごとく嫌がらせをするというやつ。

ホームセンターへ行き、目的の物を見たが在庫切れ。
仕方がないから電力不足が騒がれるいま、たぶんかなり脚光を浴びている屋外用のソーラーランプを買う。
これも前から買いたかったもの。
買うと、すぐに「早すぎる!」などとすれ違い様に女が叫んだが、これもコーナンいやコーアンの手先か?

その後、二階で家電を少し眺めて帰る。
希望ヶ丘の駅に着くと、なよっとした男が携帯を耳にあて「じゃあ言うのね!鶴ヶ峰に!ラブ注入!」などと言い捨てて駅の階段をそそくさとあがる。鶴ヶ峰?って区役所のことか?

ラブ注入は創作だが、どこと無く楽しんごさん系だった。
しかし、この雰囲気の人が以前駅前で棒振り回して遊んでいたのを見たけど、別人だろうか?
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する