日々想うこと

日々想ったことを綴っています

4月7日 言われたほうが傷ついてる?

久しぶりに午前中から外出。
家を出るとすぐに新築のアパートの現場から出てきた男がニヤニヤしながら「やり玉に…」などと思わせぶりなことを言う。
株価が低迷しているので、仕事を探さなくては!という気になる。
横浜に出てとりあえず株価をチェック、やはり停滞気味。
そういえば、3月末に五番街のビッグカメラに行くと「あいつおかしいから…」などという声が聞こえた。
365日体制で行く先々につけてきて店員に耳打ちしている連中がいるの知ってるよ!
こういうのが始まったのが1998年。まさか特高とは思わなかったけど。
前引け後に久しぶりにSTビルにあるハローワークへ行ってみた。以前よく通ったが、何年ぶりだろうか?混雑していたが待たずに検索出来た。引越しはもう体が持たないだろうし、営業だとまた特高が得意先までついてくるし…
そう、そこまでやる。特高(特高ならばの話だが)というのは、本当に徹底している。
税金の使い道なんてへとも思っていない、湯水のように無駄使いする。
最近はさすがに見かけなくなったがパトカー乗り回してつけてくるのもいた。
何度自転車の防犯登録を調べられたことか…
(刑事?)部長のガキがビビッテルから…なんていわれたことがあったが、その時にパトカーの番号を控えようと思ったら目の前でUターンしやがった。
要は遊んでるの!
なんせ入院中の父親にまで嫌がらせをするくらいだから、ロボットというか…
暴力団顔負け!
昼食は、魚寅という居酒屋に入った。
入り口にスーツ姿でメガネの男が待っており、私が入るとすぐ後からついてきてテーブルの横に座った。入ると店の店員が気のせいか凍りついたような顔をしていた。注文したものがくると、その男がときおり何か独り言をいう。
ははん!こいつも…
周りを見ると店の入り口近辺にジッとこちらを見ているスーツ姿の男もいた
私も横に座った男もご飯をお替りして同じくらいに食事を終えた。その男が立ち去る少し前に「特高?」と独り言いってみた。すると一瞬ビクッとしたような気配を感じた。
しかし、連中はロボットだから…まさか。
その男が出た後で、店員が「ホウムショウ!」とつぶやいた。ホウムショウって法務省?
店を出ようとすると、先ほどからじっとこちらを見ていた男とその連れらしき男が私の顔を確認するようにジロジロ見ていた。巨大組織が後に控えているから強気になっちゃって、感じワリー!
こうなると広域暴力団と変わらない!
どこが違うんだ?

どうせなんか吹き込んだろう、レジのおっさんまで変な顔していた。
店を出て、まだ後場の始まりまで時間があるのでハーンズの方へ歩き出すと、鼻や舌にピアスをした奇抜な格好をした若い男が「言われた方が傷ついている!」などとすれ違い様に言う。
ロボットって人の痛みがわからずに自分の痛みだけに敏感なの?
これを書き終わったら、凄い揺れが始まった。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する