日々想うこと

日々想ったことを綴っています

3月5日 子供は正直だから

今週は寒い日が続き、外で運動も出来なかった。
まだ寒いが昨日今日、軽く運動をした。
帰りに食料品なぞをスーパーで買う。
やはりストーカーはついてくる。ついてくるというより常駐していたりして。
たいていレジで並んでいる時や、精算後にスーパーの買い物かごから袋に移し替える時に、いつも間にかそばに来て嫌味のようなことを言うだけ。
最近寒いので耳まで覆う帽子をかぶっていることが多いので良く聞こえないことも多い。

たいてい30代前後の女で小さな子供を連れていて、子供に話しかけるふりをしながら嫌味を言ってくる。
昨日も二俣川の西友で18時ごろそんなことがあった。
この手は男も使う。数年前に空手カルト玄和の関係者Kが良く使った手だ。

子供に話しかけるような言い方をするので、なにか言い返されても言い訳が出来るわけだ。
しかし、子供がいつも協力的であるとは限らない。

今日のは、少し面白かった。
16時20分頃、あおば、というたまに行くスーパーでレジをすませて買ったものを袋に詰めていると後から来た子供連れの女が、なにやら嫌味のようなことを一生懸命言っていた。
しかし、子供は正直だから、私がその場所を離れるやいなや「(あの人)だあれ?」などと言っていた。

こちらこそ聞きたい、おばさんだあれ?
お母さんの仕事なに?
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する