日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

1月25日 相鉄線版 蹴りたい背中

大引け後、外出。
最寄りの駅に着くとおばさんの声で「中に入れておいた方がいいんでしょ!」
相鉄線急行に乗る。二俣川から高校生風の男四人と女一人が乗ってくる。一つ先のドアからも同じような連中が乗る。黒いブレザーで見たことがない校章だった。もっとも私が知っている校章はごくわずかだが…
でかい態度で騒ぐという程でもなく、ふざけており、乗客の人が白い目で見ていたが、自分達の世界に浸っていた。横浜駅に着くと高校生ながら売春婦のような女に一人の男がキスする仕草までしたので、後から蹴ってやりたい衝動に駆られた。
蹴りたい背中、何年か前に文学賞をとったこういう小説なかった?

この連中、たぶん公安関係かそのエージェントだと私は思う。
相鉄線を使われている方々!各駅停車などで、シルバーシートに大きな顔をして乗ってふざけたり、障害者の方の真似をして列車内を遊び回ったりする高校生の中に公安関係がいるのでご用心。
ご用心だけど高校生と変わらない年頃の連中を使っているので見分けがつかない。
やはり無視するか、思い切って集団で注意しましょう。

そういうことをやらせている神奈川県警や相鉄の幹部らの頭の中を調べてみたいものだ。
横浜駅に着いたのはたぶん15時45分頃。
この子達は甘やかされて育っていて、ほっとくと付け上がり、厳しく言うと何年でもさか恨みするタイプが多いから大変。

飲み会が終わり、後輩の一人と話しながら山手線で新宿駅を過ぎたあたりで、「みやちゅう!」とか何とか言いながら、また汚い系の女を連れた帽子をかぶった男が横に座って来たので、降り際に肩を軽く叩くと、なぜか凍り付いたような顔をしていた。

その腹いせか?東横線に乗るホームで肩をぶつけてきた奴がいたが、めんどくさいので相手にしなかった。
電車の中や駅のホームで挑発して、事件をでっち上げようという、いつもの手口。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。