日々想うこと

日々想ったことを綴っています

12月30日 ストーカー達の言い訳

大納会は下げ。今年は冴えなかった!
大引け後、横浜へ。相鉄ローゼンのそばへ行くと例の修理屋がこちらを睨んでいる。
あの人柄の良い父親が、いくらパーキンソンをわずらっていたとはいえ、こんなおっさんになめられていたのかと思うと腹が立つが、裏にいるのはどうせ特高だろう。
おとといそこのローゼンで買い物をするとレジのおばさんが「お客さん…」という。そのお客さんが私にはいわゆる税金の無駄使いの口実となっている顧客。公安関係で言うところの「お客さん」に聞こえた。面倒なので私が「あいよ!」と応えると、うらめしそうな顔をしていた。
昨日もそこで買い物をしたが、レジに並ぶと横から来たニットのような帽子をかぶった小さい子連れの女が「サエグサ!」と叫んだ。一泊置いてから私が、「なにくさ?」と聞き返すと「壊れてよ!」と叫んだ。怒らせて、どうする?奥のほうで2人のおさんがこちらを見ていた。
俺は、35年くらい前にこのローゼンが出来たときから買いに来てるんだぞ!と心の中で言ってやったが、洗脳された特高にはそんなことは関係ない。
パチンコ屋の前で、黒い服を着てうんこすわりした男が携帯を耳にあて「いってるから…」などと言っていたがそれも!
横浜へ。
毎年、救世軍の社会鍋にほんの少しだが小銭を入れさせてもらっているが今年は時期が遅れたのか、いなかった。
今日は付き纏いが少なかったが、高島屋の地下の食品売り場で買いたいものを探していると通りすがりの男が「オタク!」などと言う。今日はオタク編か?
「免疫が出来た」などという声も聞こえた。
結局見つからなくて、松原商店街へ。
ようやく年の瀬を感じた。
色々買い込んだが、あるスーパーのレジでは店員さんが「またこれで声をやる???」(書き込むということか?)などと言い。別の店で買い物をするとその瞬間なにか男の野次が聞こえた。
刺身を買え!とか、甲類!(たぶん焼酎のこと)などと刷り込んできたが、当初の目的ではないので買わない。
目的は筋子だったが、量と価格を天秤にかけてこれもやめ。
しかし、安い。
「うちにいて居ついたから…」などと言っていたが、ストーカー、付き纏いに「…から」などと言う理屈は不要。

また来年。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する