日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

12月9日 映画 「マスク」と相鉄線のエージェント

午前中から横浜方面に出る。
途中、二俣川の郵便局で中間配当を受け取る。
午後1時半頃、株価を見るために証券会社へ行った帰りに関内駅のすぐそばで数名の女子校生がおり一人が片足を上げて靴下を直す仕草をする。その直後1人が「マスクという映画が…」などと言っていたので、これは覆面???
マスクという映画の主人公は、普段おとなしい主人公がマスクをつけると人格が一変し、過激になる。

11月1日の、相模5○2ほ ナンバーのシエンタのことを蒸し返しているのか?
あの暴走族まがいの男こそ、凶暴になった後のマスク!

この連中、頭が空なので、痴漢とか万引きとか喧嘩とか、そんな子供にでもわかるようなことしか言わない。ターゲットなった人間を、そういう類にでっちあげようと躍起になるか、付回していびる。

ハローワークへ行こうかとも思ったが、行っても当てにならないからなあ…。散々行ったから…
図書館で株の本を何冊か読んだが、眠くなった。

夕方、ヨドバシの1階でパソコンを見ようとエレベータを降りると、タイムセールのようなものをやっており、背後でなにやら挑発するような男の声がした。こういうところには、大勢の覆面がいるようだが、これがそうかは定かではない。
パソコン売り場でもそうだったが、テレビ売り場へ行くとやはりエコポイントが半分になったのが利いているのか、閑散としていた。
次に本屋を見てまわったが、どこもそれなりに人はいた。話題の「もしドラ」を読んでみようかと思ったが、面倒なのでやめた。

駅においてある無料の求人誌は、少し前よりも厚くはなっているが、リーマンショック前に比べるとまだまだ…。
景気の回復もまだまだか?

18時34分発の相鉄線急行に乗る。はっきり記憶していないが2両目かな?
並んだが座れず。
立っているとすぐにメガネをかけた若い(20代後半かな?)男が私のすぐ横に来た。
それも体が触れんばかりの至近距離。不審に思い周囲を見ると立っている人はまばらで、その男が私の真横にくる道理が無い。私は、一歩も動かなかったが、そいつも動かずときおり横目でこちらを見ていた。
その男はすぐにDSをかばんから出して、その世界に入る。ネクタイはしておらず、Yシャツの袖口から長袖の白い下着が出ておりさえない男風。
しばらくしてから気がついた。
「たぶんエージェント!」
言ってやろうかと思ったが、やめた。

二俣川を過ぎたあたりで、ドア際にいた二人の男女が、私の方を見ながら何か言っていたので、これが仲間だろう。
特に男女の二人一組はその可能性が高い。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。