日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

8月29日 氷点

午後30分くらいだがBSで「氷点」という映画を見た。
子供の頃にドラマでやっていて、一、二度見たが陰鬱で悲劇的なドラマの代表格のようなイメージがある。見たくはなかったがテレビの部屋が一番涼しかったから見てしまった。しかし、このドラマの題名の氷点という意味が今日始めてわかった。
心が凍りつく限界点、という意味だ。明るく屈託の無い少女が、ある日、自分の父親が殺人犯で、しかも自分が養女として引き取られた先の娘を殺した犯人だと聞かされて、心が凍りつき薬物で自殺を試みるという話だ。
氷点を見た後に、夕方5時頃に家を出て例の嫁コン君の家の前を通りかかると、嫁コン君本人が女(前に見た嫁とは違うような気がしたので新しい嫁か?)を連れて出てきて、ニコニコしながら「ハイドロロームチャ」を二度繰り返す。意味はわからないが、最近顔を合わせていなかったが、女がついていると急に強気になるのはいつものごとく。
「メンドクせえなあー!なんでこんなガキ(といっても30代にはなっているだろうが)相手にしなくちゃあならんのだ?」などと思い「(嫁)コン!」とひとこと言ってやると、悔しそうに黙ってしまい、背後から「あいつ焼いてるよ!」(だっけ?)などと毒づいていた。
その前に、昨日の夕方近所で見かけたおばさんが、自転車に乗ってそばにいたからグルか?
その後、小学生位の子供を連れたおばさん×2が「大丈夫だったわね…」「…で疲れてるから」などと私をみながら言っていた。
話は、氷点に戻る。
心を凍りつかせる。この十数年妙な連中が付き纏ってきてそばで何事かを言う。
脅しの場合もあるが、むしろ前回書いたようなOLのいびりのような場合が多い。
これだな。計画的な犯行!父親がパーキンソンになったのもこれが大きな要因の一つだ。
父親が他界したあとは母親を狙いだした。
注意して見ていると、出入りの業者から、宅配便の業者まで何ごとか言いくるめられている。こんなことが出来るのは、秘密警察。しかし、それだけではない空手カルト玄和にいた頃にも散々やられた。教祖がこれが得意で「癌だ!」「(鼻の頭に出来物が出来た時に)鼻の頭に出来物が出来ると死ぬ」だのなんだのと散々言われた。
バーミヤンへ一年ぶりに行き、帰りに自宅のそばでホンダゼストの後ろで若い男が携帯を耳に当て「あのドラマが…」と二度繰り返していた。
二度繰り返すということはこちらの注意を喚起するということで、あのドラマとは、たぶん最近その登場人物の名を良く聞くライフといういじめの奴か?
1○×○!と車のナンバーを読んでやったら大人しくなった。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。