日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

7月10日 東大生はばかになったか

朝起きてトイレに行くと「ダニエル(仮名)もやれ!」という声が外から聞こえた。ダニエルというのは十年位前に英会話を習った先生の名だ。
しかし、どこからのぞいているのだろうこの変質者!
10時過ぎに窓をあけて掃除を始めると、裏のアパートに引越社のトラックがとまっている。この裏のアパートは数ヶ月に1回は引越しをしている。いったいどんな人が住んでいるのだろうか?もしかして、先日書いたように警察の人か?警察といっても表の警察ではないな!このアパートに住んでいた人が、近所の一戸建てに住み替えるということがけっこうあるようだ。トラックと一緒に駐車場のホンダのシルバーの車が立ち去ったのでその人が住人か?
二時過ぎに家を出て横浜へ。なぜ横浜へ行くかというと、明日に迫った参議院選挙の演説を聴くためだ。出る前後からカランカランとなんかの音がしきりになっていた。今はやりのゲゲゲの下駄か?
家を出るとすぐ前から若いおばさんが携帯を耳にあて「間違っちゃった!」などと何度も大声で話していたが、この手の女も実は…などということもある。
ローゼンの前を通りかかると、例の修理屋は出てこなかったが、それらしい風体の男がこちらを見てニコニコしていたので、秘密警察の類だろう。
駅に着きパスモにチャージしようとすると4、5人の中学生が寄ってきて「行ってるの!ナーウ!」などと口々に言う。暑苦しい。14時半頃だ。
ともかく暑い!二俣川でゆっくり座っていくために各駅に乗り換える。鶴ヶ峰からキャバクラのお姉さん、までは行かないが、それ風の女性が一瞬迷うそぶりをした後で目の前の席に座る。別に興味はないが途中で携帯を耳にあて何事かを叫んだのでたぶん。
横浜駅に着いたのは15時ごろ。高島屋の前に行くと桝添さんがいらした。すでに演説は終わったようだが、さすがに著名人だけあってそれなりの人に囲まれていた。
それから高島屋のセールを少し眺め、また外に出ると○時20分に民主党の細野さんが来るという看板が出ていた。最初、17時20分に見えたが、よく見ると19時20分だった。そりゃあ無理だよ。どこか他でやってないか?東口に行ってみたが、自民党ののぼりは立っていたものの演説が始まる様子はない。仕方がないからユーリン堂へ行く。
信じがたいが、ここで買った本のレシートの時刻を見ると17時過ぎになっている。
つまり1時間半はいたことになる。スポーツの本や政治の本などを読み、結局「東大生はバカになったか」立花隆著、という本を買った。この方はあまり興味はなかったがやはり相当の切れ者だと思う。
今日も家を出てから着く直前までストーカーに付き纏われたわけだが、前にも書いたがJR内でエージェントの女に尻を私の下半身に押し付けさせて、その場で言わないで痴漢のうわさを流す、という一つおぼえの連中にしても、空手カルト玄和にしても、無感動人間達の白い巨塔にしても、手足を使っている頭の象徴は東大系の人だろう。
警察が冤罪とわかった後でも認めるどころか、逆にデッチあげようと躍起になるのも頭、つまりリーダー層の受けた教育がおかしいからだろう。
しかし、暗記中心の受験で作られたエリートがダメだから今の日本がだめになってきたのはわかるが、じゃあいったいどんな教育にすればよいのか?試験も知識を問うのではなく、どんな試験をすれば良いのか?そのヒントがありそうな気がしたから買ってみた。
その後いろいろあったが、選挙関連のことは明日の投票が済んでから。



スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。