日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

5月26日 ワールドカップが近づいてきた

またワールドカップの時期が近づいてきた。
色々変なことを思い出す。
もう8年前になるのか?
日韓共同開催の頃に、横浜駅のシャルの中にあったヤ○キースとかいうスポーツバーで仕事帰りの疲れを癒しながらテレビでワールドカップを見ていると、どうも不穏な空気を感じた。一度は、店長らしき竹山さん似?のメガネの男がビールだけ頼んで飲んでいると「食べ物も頼んで」みたいなことを言い。また、別の日には注文したビールを持って来た若いウエイトレスが恐怖にかられたような顔をして置いていき、そのビールを飲んだ後から急に性欲がなえたことがあった。つまり何らかの薬の入ったものを飲まされたような気がしたことがあった。
あれは、4年前か?
「タマダァ、ナカタァ、…、…、マアアキ(巻選手のこと)」とジーコ監督の代表選手の発表をお笑いの人が真似してたのは。
あの頃、よく図書館に行った帰りに商店街を歩いていると正人高校(仮名)の生徒らしき連中が通りすがりに空手のG会の東大の連中を連想させるようなことを言ってたなあ。
ジーコ監督になぞらえて「カマノ、タカオカ、イイムラ、カワハラァ…マアアキ」などとメモって一人で爆笑してたっけ?(俺もやることが小さいなあ)
そういえば、一度駅前で見知らぬ若い男女がすれ違いざまにからかうようなことを言うので、引き返して顔を見に行ったら男がなぜか凍り付いていたなあ。あれも6月だな。翌日だったか、サングラスしていたけど多分同じ男だと思うが同じ場所で前からバイクで「ウッソウ」とか言いながら突っ込んできたが、なんでわざわざ交番の前でやったのかなあ?女の前でビビッたのが悔しかったのかなあ?キチガイに権力持たせるとろくなことせんなあ!
ちょうどその頃、野村證券の新人の営業を名乗る男が玄関で父親に執拗に食い下がっていたけど、ドアの中から「けっこうです!」と叫んだら我に帰って退散したけど、昨年野村で聞いたけど新人に個別訪問させるようなことはない、と言っていたから、たぶんこれも…。
そういえば2000年の春だったか、父親がサッカーが見たいと言い出したので、唯一Jリーグを新横浜の競技場に見に行ったが、あの時もわけのわからん付き纏いがいたなあ。
「お前は中学校喪失なんだよ!」などと言ったり、地下鉄の中で信心深い父親の前で「仏様が…」などと目の前に来て言う汚らしい若い男、なんとなく見覚えがあったのでたぶん秘密警察かその手先だろうか、それとも空手カルトゲンワの手先なのか。競技場で背後に来て神経を逆撫でするようなことを言ってた連中がいたが、偶然写真に写っていた女は…ア…、違うかなあ。
まあ、今回は強豪ばかりのブロックだと言うけど、頑張って楽しませて欲しいです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。