日々想うこと

日々想ったことを綴っています

5月11日 お父さんが

夕方6時頃だ。
銀行から金をおろすのに午後6時以降や土日祝日だと100円以上取られる。利息から比べると手数料はバカ高い。
ぎりぎりセーフだった。
二俣川のグリーングリーンの前を歩いていると、バスを待っている列の中から帽子をかぶった年配の男がこちらを見ながら「父親の代よりなかに入れる。」と言った。横には同年輩と思われる女がいた。この手の男、以前書いた2005年の衆議院選挙の直後にそばに来て「民主党に入れやがった。」と言った男に感じが似ていた。
私はボーッとしながらそれを見ていたが、もう一軒銀行に寄った後ふと我に帰り顔を確認に行くとバスが来ていてその男女はいなかった。
そう言えば昨年だったか…町を歩いていると「お父さんが県警の実力者なんだって!」という若い女の声が聞こえた。しかも一度ではない、三、四回あった。ただし、一度は「お父さんが県会の…」と聞こえた。
そうなると「親父!あいつ生意気だから締めてくれよ!」「ヨシ、わかった。」てなものか。
いやまさかそんなことを言うのだったらせいぜい小学生だろう「パパあ!あの人怖い!いじめてええ。」「そうか、そうか、わかった。」「(部下に向かって)あいつを脅してこーい!」
そういえば、昨年のゴールデンウイークにヤマダで、店員がそばに来て「部長のガキがビビッているから。」と言われたが、その直前か直後にパトカーに自転車の防犯登録のチェックをされた。
防犯登録といえば、先週の木曜日の夕方、みなとみらいの某ホームセンターで愛車が古くなったので、自転車を見ていると、20後半~30代位の二人連れの男が自転車を買い、店の人に防犯登録のことを聞かれると「別に強制じゃあないんだよ。してもしなくても良いんだよ。」「盗まれたからって、警察が捜してくれるわけじゃあないんだよ。」などと話が聞こえた。その後一人が「尋問されてるの」などと言った。すぐそばだったので自分に言ったようにも聞こえた。
よせよ!うっかり信じて防犯登録しなかったら…
案外あの帽子の男がそのお父さんだったりして。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する