日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

4月13日 そんなもの当たるわけがない

午前中の何時ごろだったか、家の前で女の声で「また資生堂(仮の銘柄)を売る」という声が聞こえた。
この手の投資判断のかく乱がたまにある。前に二俣川ライフでの例を書いたが、先週だったか、引け後に自転車に乗っていると変なおばさんがすれ違いざまに「売りの機会を逸した!アメリカの金利が(公定歩合だっけ)…」と言い、数秒後に別のオバサンが「ウソだよ!」などと言った。
べつに動揺もしない。前にも書いたと思うが株価の予想は大変難しい、相当のベテランでもまず当たらないから、その辺の興信所みたいなおばさんが言ってもまともには当たるわけがない。
私は、いわゆるデートレーダーという方々とは違う。ずっと株価を見ているわけでもないし、毎日売買をしているわけでもない。
以前は英語で職に就こうなどと思っていたが、40代で無限ともいえる単語やイデオムを暗記するのは至難の技だ。40代後半で英検準1級に合格したくらいだから記憶力は良いほうだが、若い頃に私がスクワットや腹筋を毎日やっていたのと、同じような情熱を持って英単語を覚えていたような人達にはそれはかなわないし、半分は国際情勢のようなものを知るために勉強していたわけだから、まったく無駄になったわけではない。
2007年頃にアメリカのメディアにオバマの露出が非常に高かったので、ヒラリーを制して民主党の候補にはなるだろうとは予想できたが、まさか大統領にまでなるとは…。
昨年、ハイブリットカーの問題点としてあまりに静かなので後ろから来ても歩行者が気がつかない、というのをNHKでやっていたが、同じニュースをやはり2006年か2007年にアメリカのABCでみた記憶がある。
ところが最近英語のニュースのほうはさっぱり見ていないせいかまったく先が読めない。
いや別に読んだわけはない。漠然と頭に残っていただけだけだが。
たまに適当な銘柄をそばに来て無責任にいう連中がいるがそんなものが当たるわけがない。
夕方、万騎が原の郵便局に行き、荷物の中に通帳が入っているから書留で送った方が良いか?と聞くと応対してくれた若い女性が一瞬ギクッとした後「ゆうパックなら30万円まで補償がつくのでゆうパックで良いでしょう。」と言うので、ゆうパックにした。
男の局員が「記帳で…」などと言っていたが、通帳の記帳が楽しみになるようになりたいものだ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。