日々想うこと

日々想ったことを綴っています

3月25日 パターン アゴノ(横浜駅のストーカー)

夕方、用足しに横浜へ。
コンビニ、銀行で用を足すと途中で「そごうのエスカレーターへ行け」などという声がした。
私のブログの愛読者か?
横浜駅のポルタ方面からJRの改札に向かう上りのエスカレーターの前に若い男が立っており「パターン???(聞こえなかった)」と叫ぶ。

また例によってストーカーか、と思ったがそのまま乗ると「パターン アゴノ(仮名)」と叫ぶ。振り向くと二人の若いスーツ姿、痩せ型の男が私の後ろにおり、どうやら一人置いて後ろの男が「アゴノ!」の声の主のようだ。
エスカレーターを降りて、待っていると、そ知らぬ顔をして二人の男とやはり一人の女のグループだった。
露骨に見たので防犯カメラがあったら写っているはず。すぐ後に時間を見ると16時24分だった。

なぜアゴノという声に反応したかというと、数年前に近所に引っ越してきた家の名と同じだからだ。
そのご一家は少々変わっており、最初に私が一人でいる時にご挨拶に来た時の人と住んでいる人が別人なのだ。
その時にご挨拶に来たおばさんは、私が2000年ごろに勤めていた会社の事務のおばさんそっくりで、なぜか鼻毛が一本出ていたが、今いる人とは完全に別人。ナゼ???

話は横浜のストーカーの話に戻るが「悔しかったから!」などと言い残して去っていった。

その後ルミネのユウリン堂のレジで買い物をすると横の女が「チェ!」と舌打ちし、後から来たレジの別の女性店員が「救世主」などと言っていた。これも???東口のコンビニに行く途中ですれ違いざまに「子孫繁栄」などという女の声がしたが、20年以上も付け回して、子孫繁栄もクソもないだろう。

そういえば家の前を、後場(つまり午後)黒いエルグランドみたいな車と紺のエステマ風の車が何度も行ったり来たりしていた。そして、紺の車からはスーツ姿の男が何度も出入りしていたのが見えた。
もしかしてあのパターンアゴノの張本人か???

相撲を見るために5時発の相鉄に乗る。3両目に乗り携帯に今日あったことの概略をメモりはじめると
「ナッ!」という男の声。進行方向右側で女性専用車両との境の席に20代位の二人の若い男。
一人は黒ぶちのメガネをかけており、一人はやせがた。こちらは見ていないが「三兄弟の一番下」などと気を引くようなことを言っていた。たぶんこれも…。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する