日々想うこと

日々想ったことを綴っています

2月11日 安いだけなら

最近、パソコンを見に行くことにはまっている。
いまのパソコンは2003年秋に買ったもので六年以上使っており、一昨年あたりから時おり文字入力が出来なくなり、テレビを見ると画面が固まり音が途切れ途切れになる。
それでも金がないから自ずと慎重になっているのだが、過去二回はまったく気にしなかったCPUだのメモリーだのと少しずつパソコンの性能について見えてくると、大方の人はよく十万円前後もするようなものを一、二回で決められるよなあ、と思ってしまう。

昨年は液晶テレビを買った時も買おうと思ってから、何回も色々な家電ショップへ行き話を聞いたり、値段を比較したり、インターネットで調べたりして決めた。今は決めたテレビについて後悔はしていないが、ソニーにしたので録画の問題は残っている。
決める際はもちろん値段が大切だが、店の雰囲気も重要だと思う。
テレビを買った時は、○△○デンキのいつも閑古鳥が鳴いているようなところでその店を応援するつもりで買った。
前回説明を聞いた店員は良かったが、買った日に対応した店員は買うまでそれなりに対応が良かったが、買った後は手の平を返したような態度をとり、エコポイントの対応をした店員の態度も悪かった。
やはりお客さんが少ないのはそれなりの理由があるのかもしれない。
やはり客数の多いところで買うほうがいいのか?

弱肉強食というか、量販店も小さいところは大きなところに呑みこまれていくようだが、安さだけならインターネットを通じての無店舗販売が主流になるのだが、やはり実際に見て確認したいのでたぶんそうはならないと思う。
店員の態度の悪い量販店は自ずと淘汰されて行くと思う。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する