日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

9月14日 初詣の妨害

あさ目が覚めると虫になっていた???
いや、時計は7時10分。
父の仏壇に手を合わせていると、窓をあけた外から「中国から、入れたばかりだから」というこもった声がした。土曜日に、VWのルポ見たさに往復で6時間近く自転車に乗った疲れが1日おいて出ていたせいか、これにはカチンと来た、外に出ると誰もいない。
しばらく声がした方角を追いかけてみると、見覚えのある動きをするそれらしき人間がいたが、確証がないから書かない。しかし、この声は間違いなく土曜の朝に聞いた「本当のことを書いたって裏が取れなきゃあ!」という声と同じ。ちぇ!またテロリストかよ!
そういえば2007年の大晦日の夕方、自室を整理していると、なにやら外で挑発するような声がしたので、やはり追いかけてみると、赤いブレーカーを着た男につき当たった。
翌日、明治神宮で賽銭を投げるために待っていると、まわりで不審な雰囲気。振り返ると、大晦日の赤いブレーカーを着た男とほぼ同一人物がいた。
今年は喪中なので行かなかったが、元旦に明治神宮に行くのは子供の頃からの習慣だ。
それが2000年ごろから妙な妨害が入るようになった。参拝待ちの間に毎年私や父の背後に誰か来て、挑発や嫌がらせのような事を言う。
2002年にも同じことがあり、参拝後に同じ男を見かけたので持っていたカメラで写したところ、な、なんとその男と一緒に写っていたのは、年末に横浜駅西口の横浜銀行でやはり背後に立ち、嫌がらせをしてきた男女の女と同一人物だった。これには驚いた!
また同じ2001年の3日?には川崎大師にも行ったがその際にも同じようなことがあった。参拝待ちの雰囲気の写真を撮ったが、その際に写っていた女が、今度は2005年だったか元旦に明治神宮で姪にカメラつき携帯で私を撮らせた際に横に写っていた。足があるので背後霊ではない。尾行、それも何年にも渡って、そして陰湿にイヤミを言っての挑発。
その際に「写真撮るなあああ!」という女の絶叫が聞こえた。
さらに、川崎大師の写真に写っていた別の女が、2007年に亡くなった高校時代の同級生の葬儀場へ行く二俣川から葬儀社へのバスに乗っていたが、不思議な事にその女は式場では見かけなかった。

日本国憲法第20条 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。
初詣の妨害は、明らかに憲法違反ではあるまいか?

神社、仏閣への参拝を妨害されたのはこれだけではないが、とすると妨害した連中は、または指示している連中は無神論者、やはりマルクス主義者であるあの空手の連中の仲間か?
けれども、憲法違反は少なくとも教養のある人間のやることではない。
さらに今は、時代もあって県警も幹部クラスは元左翼とかいう噂もあるので、わけがわからない。


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。