日々想うこと

日々想ったことを綴っています

8月28日 眼は大切に!

前回ブログを書いたすぐ後に突然インターネットが通じなくなった。
その日の早朝、近所で中学生が「オイ!お前、店の名を書いたろう!」と私と反対の方を向いてはいたが私のそばで大声で叫んだ。紅虎餃子の名を書いたことか?しかし、本当に生まれてはじめてのひどいめまいだった。
インターネットで調べたら塩とめまいは大いに関係有との記事もあった。ただ、別に私は紅虎餃子を疑っているわけではなく、店に入る前や店の中にいたスパイのような女達があやしいと思っているわけです。眼鏡屋の店員の態度も妙だったけれども、めまいの原因は眼鏡の度よりも塩ではないか。
今日は、夕方横浜まで出て、高島屋の前で街頭演説のスケジュールを聞いた後、その眼鏡屋に行った。眼鏡屋にはいつもいる店員以外にも数名の人がいた。皆やたら愛想がよかったが、その店の関係者だったのか???私を確認したようにも感じたが。
後から入ってきた客だかなんだか判らない二人の男女の若い男の方が、先に外で待ち構えており、なんともいえないサディスティックな目で私をにらんでいた。こういう目つきをする人間は生い立ちなどよりも、後ろに大きな組織があって、その威光で勘違いしているタイプではなかろうか?
暴力団か警察とかの権力の人間だろう。
選挙のことを書きたいが、先日新聞を読んでいたら選挙期間中にたとえ個人のブログでもどこかの党に肩入れをしたり、批判すると場合によっては公職選挙法違反になることもあるというのでやめておく。
その後、六時頃ジョイナスの本屋で菅家さんの本を眺めていると、横からすこしおめでたい人を装った(あえて装ったとしておく)男が、私の横に来て「その本を読むな!」と小さく叫びまたおめでたいふりをしたが、無視したら、しばらくするといなくなった。すると今度は真面目そうな眼鏡の若い女が携帯を耳にあて「めがねでしょ…」などと言いこれまたしばらく私のそばにいた。この連中は?
昼間も、みずほ銀行で国民年金を窓口で払い込もうとすると、係りの女性がやたらにATMでの払い込みを勧めたが、細かい数字を延々と打ち込むのは面倒なので断ると背後で「失敗した」「近眼で…」などと言い、窓口では「暮れてる!」などと言われた。
駅のそばで眼鏡屋の店員を見かけたので店に行った際に聞いたら、そうだと言っていた。
何しろ、わけのわからない毎日なのでインターネットが通じなくなった際には、どこかの一党独裁の国家がやるように規制をかけられたかと思ったが、1週間くらいたってモデムを交換したら通じた。
地元の駅につき、スーパーで買い物をした後に後ろから来た中型(?)のバイクが私のすぐ目の前を横切って止まったので「あぶないよ!」と軽く言うと「ハーフで」とかなんとか意味不明なことを言い、その後塾帰りの小学生をバイクの後ろに乗せ走り去った。
私をジッと見たその男の眼鏡のレンズが異様に分厚く、なんだか気持ちが悪くなった。
若い皆さん目は大切に!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する