日々想うこと

日々想ったことを綴っています

8月7日 大腸カメラ

昨年の今頃は毎日父の入院先で国立病院機構横浜グアンタナモ医療センターまで一時間以上かけて通っていた。もちろん横浜医療センターが正式名だが、医療の名のもとにグアンタナモ収容所のような拷問が公然と行われていた。
ちょっと熱が出るとグラビット。
いつだったか日経CNBCでフルカ○さんが「僕も風邪をひいたらグラビットを飲みます…」などと言っていたが、若い人がたまに飲むのは良いだろうが、ただ目先の熱を下げるために80代後半の老人にあんなに使って大丈夫だったのか?去年インターネットでグラビットは老人に使うと危険が伴うということを読んだが。飲んで熱が下がっても数日たつとすぐ上がった。

昨年のちょうど今頃大腸カメラの検査をした。便に血が混じっており、その原因を調べるためだという。最初に父に痔があったので痔ではないかと主治医の先生に聞くと、たぶん違うとその時ははっきりいいながら、胃カメラや大腸カメラの結果に異常が出なかった後では、痔かもしれない、などと言いだした。結局、大正生まれの高齢者のデータが欲しかっただけでは無いか?そういえば、ある日リハビリの先生が突然「大正生まれの人が少ないからじゃあないですか」などと言ったことがあった。
年齢が年齢だけに胃や大腸カメラを行うことも迷ったが、先生が異様に乗り気で、さらにある日、病院へ行くとそれまで渋っていた父があっさり「検査やるよ」と言いだした。午前中に先生に説得されたということだった。
検査前の説明では痛みもなくすぐ終わる、などと言いながら実際にはものすごく痛かったそうで、特に大腸カメラは四方八方から手足を押さえつけられ同じことを何回もやられと、と言っていた。
それと気になったのは、そこの麻酔科の医師が私が十年以上前にいた洗脳系の空手団体の幹部と同じ医大卒でインターネットで検索したら卒業年度もとても近かったことだ。
その団体にいたときに私は大会で活躍したのを恨まれたせいか覚せい剤系の飲まされた。
検査にかこつけて、拷問していたのではないか?先輩、後輩で知った間柄ではないか?
続く


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する