日々想うこと

日々想ったことを綴っています

7月5日 それにしても数が多すぎるー平塚の七夕でも

午後から母親と平塚の七夕へ行ってみた。
案の定、なぞのストーカー集団らしき連中がついてくる。
行きのJR相模線内では、私たちが座った後に前に気味の悪い若いカップルが来てこちらをチラチラ見ながらキスを始めたり、ベタベタし始めた。蛇とかトカゲとかそんな連中だった。その隣に真面目そうな半ズボンの黒ぶち眼鏡の若い女がいた。
茅ヶ崎で東海道に乗り換えると、今度はいかにも…という感じの私よりも十歳以上若い男が、帰りに駅ビルによる、(実際はそのビルの名を言ったが、忘れた。)
今まで平塚の七夕には3,4回行った事がある。スケールの大きな飾りに感動すら覚えたが、今年はやはり不況のせいか飾りがだいぶ縮小しているような気がする。
人出は相変わらず多かった。
ここでも、もの凄いことがあった。七夕に来た思い出に…と思い携帯で写真を撮り始めると、数枚目に「だから…撮るなって、言ってんだろう。」という声がして、夫に子供連れで少しヤンキーと言った感じの女性が目の前に現れ、それに続く数名も叫んだ。
その後、「この後、やたら…の写真を撮るようになる。」という男の声が背後で聞こえた。
人が多いばかりでたいして面白くは無い。
せっかく母親がいるのだから中古車でも一緒に見ようかと思いつき、インターネットで見た中古車センターを探す。平塚にあることはわかっていたが、住所はわからない。
「そうだ不動産屋に聞けば…」と、思い街でよく見かけるmin○…はじめ二件に当たるも知らない、聞いたことがない、交番で聞いてください…と言われたが、「不動産屋って思ったより街のことを知らない。」駅前で募金をしていた人達に聞くと「あるにしても駅から遠いんじゃあない?」と言われ納得。
少し早かったが、駅ビルで夕食をとることにした。
街には、旨そうなホルモン焼きやうなぎ屋を見つけたが、母親と一緒だから無難に駅ビル。
するとどこからともなく先日の神田のように「今日は入れないよ。」という声がした。
結局「けやき」という和食の店に入る。
帰りの茅ヶ崎駅で複数の若い男の背後で声がした。「マナ、…したくなっちゃった。」「マナ、人を殺したくなっちゃった。」「マナ、…なっちゃった。」
これは、ドラマのライフのまねだと気がついた。
駅のホームでは、行きに同じ車両にいた真面目そうな黒ぶちに半ズボンの女性がいた。ゲッ!被害妄想???
相模線に乗ると、そばのドアの脇に高校生の服を着た三人の若い男が後から来て普通に騒ぎ始めた。「けやき」で飲んだウーロンハイが聞いて眠くなる。
厚木手前で目が覚めると「おい、ウーロンハイが…」という声がした。先ほどの高校生の格好をしている連中は、なにやらボクシングのような真似をして騒いでいた。
18時20分頃、海老名に着くと、その連中も降りたが、背後で「…大丈夫?少しやらしい…」などという声がしたが、改札を出る様子はなかった。
行きに帰りの混雑を見越して平塚からの最低料金の切符を買っておいたので、自動精算機で精算していると「シハンがイイって…」などという若い女の声が脇で聞こえた。
シハンってあの詐欺師?のこと?
それにしても、あの高校生の格好をした連中がいわゆる○○トラ....にしても、他の連中は?
だいぶ端しょって書いたので上手く伝わらないかもしれないが、付き纏いの数が多すぎる。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する