日々想うこと

日々想ったことを綴っています

中国のことを言えないよ!

足利事件の受刑者の方が釈放されたとニュースでやっていました。
私は受刑者の方の憤りの何十分の一かはわかります。
私の場合は平成3年に近所であった過激派による小規模なテロの容疑者にされていたようだ。
自宅にも刑事が来たが、いま思えば当時勤務していた産経新聞の関連会社でも噂をばら撒かれていた。
その頃から影に日になぞの尾行が始まり大いに悩まされたが、一部は警察関係者によるものらしい。最近まで私はまさか警察が尾行しているとはおもわず、最初はその会社の幹部がやらせているのだと思っていた。
また、今日は20年前に中国で天安門事件のあった日のようだ。
ニュース番組で見たが息子さんを事件で奪われたご遺族達が、政府を批判したために当局から眼をつけられ、現在も墓参りに行くにも監視がついているという。
私の場合も十年前よりあからさまに尾行が始まり、毎日露骨に後をつけられ、昨年11月の父親の葬儀にまで監視がついていた。
そして、今まで一部を書いているように、コンビニからホームセンターに買い物に行くまで監視つきだ。
各放送局は共産党の支配下の中国のことを人権後進国などと思っているようだが、ある意味では日本現状も同じようなところはある。
こういったことは、右とか左とか関係なしに田母神氏でも森田実氏でも心ある人は書いてます!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する