日々想うこと

日々想ったことを綴っています

3月21日 目黒のムツゴロウ

今日もハローワークへ。前回と別の法律事務所に申し込む。
しかし、今日の女性相談員の方は、アポイントがまったく要領が得ない。別の職業の人みたいだったが、親切に色々言ってくれた。
その後駅の反対側のマックへ。店の中に以前派遣で働いた時にいた人とソックリの人が。ポカンと見ていると「座りますか?」と言われて我に返った。
外に出てしばらく歩き大通りに出ると「抽象してるから!」と意味のわからないことを若い男が叫び、そちらを見ると走って逃げていく。(もしかして中傷?と言ったの?)(批判ですよ。)
その後、しばらく歩き目黒駅から目黒線に。
乗ると、背後で「○△大学」(私の出身大学の名)「ダッセー!」などという声と笑い声が。
振り向くと学生風の二人。一人は小池テッペイ君をかなり田舎臭くした感じで、もう一人は黒ぶち眼鏡で魚のムツゴロウと言う感じ。
目の前の席が空いたので、座ろうとすると、前にいたマスクの方がなぜか頭を下げる。
席に座り携帯を開くと先ほどの学生風二人がジッとこちらを見る。隣になったマスクが脇の眼鏡の男がなにやら話しながら、途中で脈絡がない単語を発していた。
田園調布付近を過ぎた辺りか、学生風の一人が「怖いんだろう!」と言う。
眼鏡の人はすでに降り、一人になったマスクの人が新丸子辺りで立ち上がり、ドアの脇で携帯をいじくっていた。夜8時35分頃武蔵小杉駅に到着。二人は立ち上がり、ムツゴロウが「行きっぱなし。」などと云い、笑いながらホームの階段を下りていく。
自分のことをからかわれたようで腹は立ちましたが、怖いのか?と聞かれれば「怖いよ」もし待ち伏せして私を挑発しているのなら、こういう手の込んだ旧ソ連的というか、スパイのような連中は普通は怖いでしょう。
それも、爬虫類が怖いのと同じような気味悪さ。
やはり目黒は、ムツゴロウじゃあなくてサンマじゃなくっちゃ。
陰湿なのはダメ!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する