日々想うこと

日々想ったことを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

3月30日 軽々には語れない 

郵政民営化問題について、激しいコメントをいただきました。
名前から察すると女性のようですが、最近女性の方が勇ましい。今日も電車の中で向かい側に座った30代位の女性が「ケンカに…する」とかいってこちらを指差していました。
人を気安く指差すなって!
ただ、本当に勉強をして主義主張があるならいいのですが、ただのうっ憤晴らしといいますか、実社会でも聞こえるように嫌味を言って溜飲を下しているだけの、まあいわゆるOLのいじめ、みたいな人も多いですから。
郵政民営化の問題はブログに書いた通り。
申し訳ないが勉強不足でまだよくわからない。ただ、金融危機を発端とする世界同時不況となったいま、郵貯が破綻入り金融商品に投資されてなくてよかったとは思います。そういった側面からは郵政民営化は、失敗だとは思います。
そして、以前も書きましたが、いくら理論的には完璧でも現実には穴だらけ、ということは科学的を標榜する空手団体で六年近く見ているので、やはり竹中氏もそういった間違い、つまり前提条件が一歩狂うと完璧な理論が簡単に崩壊する、ということに気がつかなかったか、わかってはいても巷間で噂されるようにアメリカの圧力に屈した、ということは考えられます。
けれども本当にわからないので、いろいろな人が売国奴だの国賊だのと書いているが、ろくに知らない事を軽々に語るわけにはいかない。

ついでに書きますが、経済学者の植草氏という私と同じ世代の方が、竹中氏の政策を批判したことが原因で痴漢にでっち上げられた、という説がネット上で多く出ています。
個人的な経験からは、でっち上げは可能性として充分あることだと思います。

私は、何度も書いていますが、前述の論理学研究会関連の空手団体にいて、駅伝で有名な大学病院で掃除をしていた際に、大会で目立ったことを恨まれてか、なにがしかの薬を飲まされて、まるで引力に引きつけられるかのように風俗店に行った事もありました。
そして、その後十年近くたっているのに父親の入院先から葬儀の際にまで言いふらされた。
世の中にはそういった礼儀も、仁義もなにも知らない連中が多くなったのも事実。

最初は植草氏がそういった薬をなんらかの形で飲まされたのかと思っていましたが、まったくの事実無根という主張も可能性としては高い。

実際に横浜近辺で電車内で高校生の服を着てわざと下着を見せる、どうみてももう少し年上だろうと思われる、そういったことをするような女達も実際にはいる。
私は記憶力がいいので、「あッ同じ奴だ。」と思ったこともある。

そういえば、10年位前、そう、ちょうど横浜ベースターズが優勝した頃、横浜駅京浜東北線の上りの階段を上りながら、何気なく上を向いたらだいぶ上のほうで若い女の下着が偶然ちらりと見えた。疲れ果てていたので、なにも感じなかったが、翌日でしたか、当時行っていた中華街そばの郵便局のアルバイトに行ったら、同じフロアーで働いていたなぞのおばさん達が「のぞいていた」みたいな噂をしていた。
冗談かと思って聞き流していたが、どうやらその後もあちこちで、言われていたようだ。
そのおばさん達は、空手団体の本部や東大支部の人間の名前を何回も出していた。
本当はもっときれいなことを書きたいのですが、こういった常識では図りがたいやり方で他人を陥れることに躍起になっている連中は実際にいる。
いる以上は書くことは大事なことかもしれません。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。